健康

葉酸欠乏は流産のリスクを高める可能性があります

葉酸欠乏は流産のリスクを高める可能性があります


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

葉酸とは?葉酸は、ビタミンB(B9)の一種です。薬に含まれる合成葉酸は、ベシン葉酸フォームと呼ばれます。薬物として使用される葉酸は、食物よりも体に大きな利点があります。妊娠などの特別な場合には、薬物サポートが必要です。そのような場合を除いて、すべての基本的な栄養素を定期的に消費する個人にビタミンとミネラルのサポートを提供する必要はありません。葉酸の重要性は何ですか?葉酸は、心臓病、結腸、直腸、脳、膵臓、および乳がんから保護します。それは、アルツハイマー病と物忘れにおける正常な脳機能を提供します。適切な葉酸を与えられた母親の赤ちゃんには、出生に関連する障害がないことが知られています。葉酸欠乏症の母親は、流産のリスクが高くなります。さらに、母親は貧血になります。神経管欠損と呼ばれる最も重篤な先天性障害は、葉酸欠乏症で通常見られます。たとえば、脊髄または脊椎の不適切な閉鎖、脳の深刻な発達不足、および頭蓋骨からの脳組織の異常な開口などの異常が観察されます。このようにして生まれた赤ちゃんは、車椅子で亡くなるか、終身刑を言い渡されます。そのため、妊娠する前に葉酸を開始する必要があります。葉酸を十分に摂取するには、妊娠する1か月前に薬の服用を開始することをお勧めします。葉酸が豊富な食品は何ですか?葉酸は、濃い緑の葉野菜(ほうれん草、ルッコラなど)、肝臓、乾燥マメ科植物、オレンジジュース、アボカド、ブロッコリー、全粒小麦粒に含まれています。1日あたりの葉酸はどれくらい摂取すべきですか?1日1杯の乾燥マメ科植物とサラダに追加する生のほうれん草1杯は、男性と女性の両方にとって葉酸の日々のニーズを満たすことができます。成人男性が摂取すべき量は1日あたり400マイクログラムです。女性には、妊娠の最初の12週間に1日600マイクログラムの葉酸を摂取することをお勧めします。予定外の妊娠が発生する可能性があることを考慮すると、出産可能年齢の女性には、1日あたり600マイクログラムの葉酸が推奨されます。出生前の長期の葉酸が豊富な食品は予防策としてとられるべきだからです。神経管の閉鎖は妊娠の第4週に完了するので、この期間の後は葉酸の補給は役に立たないことを考慮することが重要です。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos