栄養

妊娠中は何を食べるべきですか?

妊娠中は何を食べるべきですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

妊娠は、女性にとって自然な生理学的出来事です。妊娠中の女性の正常な生理機能における胎児(胎児)の成長の変化をカバーしています。このため、彼らは2つの生き物を養うのに十分な量を食べなければならないという考えは、私たちの社会よりも重要です。しかし、私たちの現在の知識は、妊娠中の母親の栄養不足と過剰摂取が母親と赤ちゃんの健康を害する可能性があるということです。

この記事を読んでいる母親のための専門家として、私の唯一の提案は、あなたの赤ちゃんが通常の月にcraう、歩く、手腕の動きが適切であるということです。目標は「作る」ことです。したがって、この目で私の記事を読んだ場合、あなたは信じられないほど恩恵を受けるでしょう。

栄養が赤ちゃんの成長と健康に及ぼす影響を調べる前に、まず子宮内の赤ちゃんの発達に関する情報を提供したいと思います。

赤ちゃんが最初に母親の子宮に落ちたとき(最初の週)の細胞分裂についてです。 2週目から8週目まで、胚(赤ちゃんが最初に開発した名前)が組織の分化とともに形成され始めます。 8週目で、胚の重量は1 gで、身長は2.5 cmです。 3か月目の終わりに、赤ちゃんの性別が明らかになります。赤ちゃんは6ヶ月目まで急速に成長し、特定の機能が決定されます。 6か月の終わりに、赤ちゃんの体重は1000 gになり、身長は35 cmに達します。循環系は8〜12週目に決定されます。母体の血液は胎盤を通して栄養素を赤ちゃんに運びます。 18.呼吸は週に見られます。 12週目の消化器系が発生します。神経系の機能は最初の8週間で観察されます。胎児期の後半では、脳は急速に成長します。脳細胞の3分の2は出生前に発生し、3分の1は出生後3年以内に発生します。

妊娠中の母親の栄養が赤ちゃんの発達に及ぼす影響 研究は1930年代に始まり、近年集中しました。実験動物研究では、一部の栄養素の制限が赤ちゃんの先天性問題を引き起こすことがわかっています。ビタミンA、亜鉛、ヨウ素、鉄、リボフラビン、マンガン、葉酸が最も重要な成分です。

動物実験では、妊娠中に不十分で不均衡な栄養を与えられた赤ちゃんでは、出生後十分に子孫に栄養を与えたが、子宮内の脳細胞の生化学的変化(胎児生活)は改善しないことがわかった。これらの研究の結果、栄養失調は身体の健康だけでなく知性にも重要な影響を与えることが示されています。

これらの動物研究は、ヒトでさまざまな方法で研究され始めており、英国で先天性障害で生まれた赤ちゃんの65%が葉酸欠乏症であることがわかっています。

アフリカの妊婦のビタミンAの栄養失調の結果として、新生児に近視を引き起こすことがわかっています。

クレチン症として知られている精神障害児は、妊婦のヨウ素不足の食事のために生まれたことが強調されました。

栄養失調や不均衡な女性では、死産、早産、先天性障害が発生することが報告されています。

妊娠中の母親の栄養不足も母体の健康に寄与します。 悪影響があります。妊娠中毒症、母親の巨赤芽球性貧血、重度のタンパク質およびエネルギー欠乏、鉄欠乏性貧血、虫歯、骨吸収、タンパク質摂取不足による浮腫は、不十分でバランスの取れていない女性によく見られます。

見て分かるように、母親の栄養が乳児の健康と彼らの健康の両方に与える影響はごくわずかです。ただし、それを知る必要があります。妊娠中の過剰な体重増加は、出生問題、出生日遅延、赤ちゃんの胎便吸引、および深刻な健康問題につながる可能性があります。このため、妊娠中の母親は、妊娠中に妊娠を開始した体重状態に応じて体重を増やし、適切かつバランスのとれた食事を摂るべきです。

妊娠中の母親に愛を込めて簡単に来るように言います


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos