一般的な

赤ちゃんと音楽

赤ちゃんと音楽


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

歌や子守aがすぐにあなたを落ち着かせても驚かないでください...彼女に歌ったり、ダンスをすることもあなたの赤ちゃんの注意を引き付け、彼はいくつかのジェスチャーで反応します。年をとると、彼は手をたたいてダンスに参加しようとします。

幼い赤ちゃんは、特定のメロディーで軽快で流れるような音楽を楽しむことができ、年をとるにつれて、より生き生きとした、生き生きとした、ビートに合った、リズム特有の音楽を好むことができます。乳児は、生後6週間のときに数秒以上にわたって視線を強くすることができます。母親が歌い、ジェスチャーをするとき、赤ちゃんはそれを見ることを楽しんでいます。赤ちゃんが成長すると、彼女は母親と一緒に歌って踊ろうとします。彼が一言か二言を繰り返すことができれば、彼は幸せになり、手をたたきます。歌いながら手をたたいて、音楽の一部になれるように彼にさせます。あなたの赤ちゃんはすぐに拍手することを学ぶことができないので、目標は音楽が娯楽の源であることを彼に伝えることです。赤ちゃんを仰向けに寝かせ、足と腕を動かして踊らせます。子供が歌や童nurseを歌ったり、膝の上でジャンプしたり、リズムに合わせて揺れたり、ボートからボートへのゲームをしたりすると、彼のリズム感覚が目覚めます。赤ちゃんが少し大きくなると、音に特別な興味を持ち、自分の音楽を作ろうとします。少しうるさいですが、彼らにとってはとても楽しいです。彼らは、実行できるおもちゃが特に好きです。ほとんどの打楽器は興味深いものです。彼らが作る音に邪魔されることは別として、彼らはそれを楽しんでいます。最初の数ヶ月から、赤ちゃんは音、色、形に敏感で、揺れたり、打ったり、投げたりする音を楽しみます。おもちゃの音で喜びのために叫んでいる赤ちゃんから幸せな人はいません。楽器に触発されたおもちゃは、子供の精神的、社会的、身体的発達に大きく貢献していると専門家は強調しています。

まだ話せない赤ちゃんは、このようにして自分の感情や考えを伝えることができます。

環境に受け入れられる積極的な方法で自分の反応を表現する機会があります。

攻撃的で悪質な子供たちは、これらの感情を音のおもちゃで逃がすことができます。

子供たちはオーディオおもちゃで創造性を伸ばすことができます。

彼は大好きな音楽を真似て、声のおもちゃで聴くことができます。

彼は、おもちゃの音を叩いたり、吹いたり、見たりすることで、体力を発見します。このようにして、彼は自分の力に気付き、それを制御することを学びます。

おもちゃの助けを借りて、彼は自分が恐れている音を作り出すことによって、そしてそれらを恐れないことによって学びます。

オーディオブックは子供の視覚と聴覚を刺激するため、楽しさと学習機能を同時に実行します。

赤ちゃんや子供に音楽への愛を植え付けながら、ある点に注意を払う必要があります。小さな子供が音楽を聴くことを主張するべきではありません。近くで頻繁に音楽を演奏することで、短い間隔であっても音楽に興味を持つようにします。彼に音楽を聞かせることを強要すると、憎しみが生じるかもしれません。また、特定の音楽を聴くように彼に影響を与えようとしないでください。子供は彼/彼女が好きな種類のものを見つける必要があります。好きだからという理由で同じ音楽に関連付けようとするのではなく、気づかないうちに他の音楽に耳を慣れさせてください。これを行うための最良の方法は、おもちゃで忙しいときに選択した音楽を再生することです。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos