妊娠

妊娠中の歯周病に注意してください!

妊娠中の歯周病に注意してください!


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

性ホルモンは、歯と周囲の組織で最も影響を与えるホルモンであり、人生のさまざまな時期に口腔の健康に影響を与えます。これらの期間の1つである妊娠中、妊娠の継続に非常に重要なエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンは、体内で著しく増加します。歯周病専門医Burak Akは、歯茎の健康を保護するためのホルモンバランスの変化のこの時期に、提案を転送しています。

エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンは、妊娠2か月で増加し始め、8か月で最高レベルまで増加しました。 Akは、すべてのホルモンバランスが変化するこの時期の妊娠歯肉炎と妊娠腫瘍を指摘しました。これは「妊娠歯肉炎」と呼ばれます。妊娠歯肉炎では、歯肉の炎症の量とプロスタグランジンの形成が増加します。これらの上昇したレベルは早産のリスクを高める可能性があります。さらに、妊娠腫瘍と呼ばれることもある歯肉肥大が、妊娠中に発生する場合があります。これらの種類の腫瘍は通常良性であり、妊娠後に簡単な手術で取り除くことができます。

そのような苦情が妊娠中に見られた場合は、月に一度、歯周病の専門医であるDr. Burak Ak氏は次のように述べています。「苦痛を取り除き、歯石洗浄で快適な妊娠を体験することができます。妊娠中のすべての歯科処置と同様に、歯肉に関連する介入は、妊娠の4〜6か月の間に、患者の婦人科医と対話して行う必要があります。

博士Akは妊娠中に考慮すべき点も指摘しています。

•妊娠を検討する前に、歯科医にチェックを依頼してください。
•少なくとも1日に2回、フッ化物を含むペーストで十分な時間歯を磨く必要があります。
•フロスは少なくとも1日に1回フロスで洗浄し、この洗浄はフッ化物を含む洗口液でサポートする必要があります。
•炭水化物と酸性飲料の量は栄養面で規制する必要があります。
•嘔吐後、多量の水で口をすすぐ。
•妊娠前および妊娠中、歯科医は3か月間隔でチェックする必要があり、必要に応じて歯石のクリーニングと歯垢チェックを行う必要があります。
•妊娠腫瘍が存在する場合、咀during中に審美的な懸念や問題がなければ、手術は妊娠後まで延期する必要があります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos