一般的な

子供の予防接種(1)

子供の予防接種(1)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

病気を構成する微生物(細菌とウイルス)は無害化され、病気を保護する抗体産生を提供するために身体に適用され、ワクチン接種と呼ばれます。
わが国ではワクチンで予防可能な病気のために毎年約12000人の赤ちゃんが亡くなっていることを考えると、ワクチン接種と、繰り返す必要があるワクチンの追跡調査の重要性がより重要になります。
ワクチンは、その中に含まれる弱い微生物および/または死んだ微生物、またはそれらの脱塩産物で免疫系を刺激することにより、細胞性または体液性免疫応答を生成します。このようにして、病気が発生する前に、病気に対する抵抗が体内で形成されます。どのワクチン(能動免疫)も、その病気(自然免疫)を獲得したのと同じくらい効果的な免疫応答を生成できないことを忘れてはなりません。

1)予防接種の基本原則:

•予防接種の時点で子供が中程度または重度の病気である場合、予防接種は延期されます。
•全身状態が良好な乳児は、軽度の下痢や上気道感染など、38.2ºC未満の発熱がある場合に予防接種を受けることがあります。
•早産児がどれだけ早くても。出生日に生まれた乳児の場合のように、適切な月にワクチン接種は必要なく、ワクチン接種量を減らす必要はありません(B型肝炎ワクチン2 kg、百日咳および結核ワクチン3 kg)。
•母親または家族の誰かの妊娠は予防接種を妨げません。生ワクチン(経口ポリオなど)は、がん治療や環境中の他の病気により免疫系疾患のある人または免疫抑制された人がいる場合にのみ推奨されません。
•予防接種を受ける子供または近親者の原因不明のアレルギーの既往は予防接種を妨げません。
•家族に紹介歴がある場合、百日咳と麻疹の予防接種が必要な子供も予防接種を受けることができます。
•副作用のリスクを高めることなく、複数の予防接種を2 cm間隔で同時に投与できます。
•十分な免疫を確保するために、特定の期間(混合、ポリオ、肺炎)に2回以上繰り返す必要があるワクチンの遅延がある場合、ワクチンは再開されます。
•予防接種の状況が不明な子供は、予防接種を受けたことがないとみなされます。麻疹、風疹、おたふく風邪、ポリオに対するワクチンを再接種しても、すでに予防接種を受けている人に害はありません。
•母乳育児は予防接種を妨げません。
•抗生物質治療を受けているか、病気が改善している赤ちゃんにワクチンを与えることができます。
•腎臓、心臓、砂糖、神経系、がん、血液疾患、免疫系疾患の患者は、予防接種の専門家に必ず相談する必要があります。
•妊娠中:
a)無害なワクチン:破傷風、インフルエンザ、死亡ポリオ(IPV)、コレラ、肝炎
b)必要な場合にのみ必要なワクチン:TB(BCG)、百日咳、ジフテリア、麻疹、髄膜炎菌、肺炎球菌、狂犬病、おたふく風邪ワクチン。
c)投与すべきでないワクチン:生ポリオ(OPV)および風疹ワクチン。

2)ワクチンに関する一般情報

B型肝炎ワクチン:
それは子供が生まれた後に投与できる最初のワクチンです。 B型肝炎ウイルスにさらされ、免疫がない新生児および乳児の年齢層では、病気が発症すると肝硬変および肝がん(肝細胞がん)を発症する可能性が高くなります。
したがって、B型肝炎ワクチンの早期予防接種は非常に重要です。すべての新生児は、退院せずに出産後すぐにワクチン接種する必要があります。ワクチンの2回目の投与1-2。数ヶ月間、最も早い投与は最も早い24週間後に完了する必要があります。そうでない場合、3用量のワクチンを年長児に投与する必要があります。
B型肝炎ウイルスのキャリア (HBsAg陽性)出生後最初の12時間以内に、B型肝炎ワクチンと一緒に0.5 mlのB型肝炎免疫グロブリンを赤ちゃんに投与する必要があります。

ワクチン接種後に抗体レベルを調べる必要はありませんが、抗体が陽性になるまで偶然に陰性であることがわかった人はワクチン接種する必要があります。さまざまな企業の製品で予防接種を継続しても害はありません。
ワクチンには副作用がほとんどありません。予防接種を受けた子供の1%で、予防接種部位の発熱と痛みが生じることがあります。

結核ワクチン(BCG):
結核ワクチンは、発展途上国における結核予防のための最も効果的な方法です。その保護は0〜80%です。副作用が少なく、予防接種の有効性が高いため、ワクチン接種は2か月または3か月に行う必要があります。 6歳で、ワクチンの2回目の投与はPPD皮膚テストコントロールによって投与されます。 6歳以降、PPDは陰性の場合に実施されます。 BCGワクチンは、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオワクチンと組み合わせて投与できます。 PPDコントロールはワクチン接種の3ヶ月後に推奨され、陰性の場合は再免疫する必要があります。ワクチンは常に左肩の筋肉の皮膚に投与され、ワクチン接種後3日間は入浴しないでください。ワクチン接種部位では、2〜3週間以内に赤みを帯びたわずかにふわふわした発疹が発生し、その後、傷が外皮になり、小さな傷跡が残ります。

混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風ワクチン):
特に小児期において、生命を脅かすジフテリア、百日咳、破傷風に対して開発されたスリーインワンワクチンです。私たちの国では2-4-6。合計で月、18ヶ月、4〜6歳、幼少期に5回。全細胞百日咳ワクチンを含む混合ワクチンは、保健所の保健省によって投与されます。ただし、特別な場合には、無細胞(無細胞)百日咳ワクチンを使用することをお勧めします。これらは次のとおりです。

>>全細胞ワクチンの投与後、ワクチン接種部位または全身に反応がある(腫脹、落ち着きのなさ、高熱、およびワクチン接種部位での持続的な泣き声)小児。
>>送金により治療を受けている、または熱心な送金がある子供

6歳以上の子供には百日咳ワクチンは接種されませんが、ジフテリア破傷風トキソイド(Td)ワクチンが接種されます。 TDワクチンは10年ごとに繰り返す必要があります。

ワクチン接種後、発熱、眠気、嘔吐、食欲不振がよくみられます。解熱薬と物理的冷却法で発熱を抑える必要があります。予防接種部位、発赤、硬さ、反応などの感受性が見られる場合。

混合ワクチンのこれらの副作用は、全細胞百日咳ワクチンにほとんど関連していることが知られているため、無細胞百日咳ワクチンは、経済的に実行可能で、医師が適切と考える患者に投与されます。ポリオワクチン(IPV)および髄膜炎ワクチン(HIB)ワクチンと同じバイアル(5ワクチン:DtaB-IPV-HIB)およびB型肝炎ワクチン(6ワクチン:DtaB-IPV-HIB-HBV)の追加予防接種も実行できます。

ポリオ予防接種:
トルコを含む17か国では、ポリオ病は根絶されていません。近年、ワクチン接種プログラムの成功により、我が国では新しいポリオ病は見られません。ポリオワクチンには、生(経口)と不活性の2種類があります。経口ワクチン接種後に起こる免疫状態(分泌型IgA)は、筋肉内ワクチン接種後には発生しません。したがって、ポリオを撲滅できない国では、経口ポリオ生ワクチンの接種が推奨されます。または、不活化ポリオワクチンの最初の用量を投与する場合は、最後の1-2用量を経口投与することが重要です。

ポリオワクチン; 2、4、6ヶ月、18ヶ月、4年目に混合ワクチンと一緒に投与されます。よりよい吸収のため;母乳、牛乳、塩素水、およびフォーミュラは、経口ポリオワクチン接種後2時間は投与すべきではありません。
最も深刻なワクチン関連の副作用である麻痺性疾患は、経口ポリオワクチンで発生し、240万回に1回発生します。免疫不全の成人では、ワクチン接種を受けていない成人では、ワクチン誘発性麻痺疾患のリスクが増加します。生ワクチンは、妊婦には推奨されません。

髄膜炎ワクチン(HIB):
インフルエンザ菌B型(HIB)は、5歳未満の子供の重度の微生物感染の最も一般的な原因の1つです。 3歳未満の子供に髄膜炎を引き起こすことに加えて、それは、幼児および年長の子供に咽喉、耳、副鼻腔および眼の感染症および肺炎などの生命にかかわる病気も引き起こします。この細菌に対して開発されたワクチンは、髄膜炎ワクチンとして広く知られています。

HIBワクチンは、混合ワクチンおよびポリオワクチンと組み合わせて、2、4、および6か月に投与できます(単回または5回)。 18か月で繰り返します。 6か月後に初めて行う場合は、1歳までは2回、1年後には3回、1年後には2回、2年後には2回、2年後には1回の投与です。
ワクチンの副作用は一般的ではありません。ワクチン接種部位での発熱、腫れ、発赤、痛みなどの反応は、通常12〜24時間続きます。

はしか、風疹、おたふく風邪ワクチン:
世界では麻疹で150万人の子供が亡くなっていると考えられています。母体保護抗体は、最初の6か月で赤ちゃんを麻疹から保護します。その後、抗体レベルは徐々に低下します。このため、麻疹ワクチンは開発途上国では9か月目に投与され、15か月目に繰り返されます。わが国では、2006年1月1日の時点でこれまでに行われていたように、麻疹風疹およびおたふく風邪ワクチンの単回投与が12か月目に開始されました。 2回目は小学校1年生(4〜6歳)に投与されます。

トリプルMMRワクチンには重大な副作用はありません。麻疹ワクチンによる軽度の発熱と発疹は、ワクチンの7-10日後に発生する場合があります。

水Chickenワクチン:
微生物性皮膚疾患、肝障害、肺炎、脳は、水chicken後の副作用として見ることができます。妊娠の最初の5か月の水Variは、赤ちゃんに重度の障害を引き起こす可能性があります。予防接種を受けた小児では、水chickenは存在しないか軽度であり、発熱は38ºCを超えず、発疹の数は実際の病気に比べて比較的少ないです。

水chickenにかかっておらず、12か月から13年の間にワクチン接種を受けていない子供には、1用量のワクチンが推奨されます。 13歳以上の人は、病気が以前に発生していなかった場合、1〜2ヶ月ごとに2回接種することをお勧めします。

ワクチンにはほとんど副作用がありません。軽度の水cell状の発疹は、予防接種から1か月以内に予防接種を受けた子供の7%に発生することがあります。



コメント:

  1. Fegore

    私は謝罪しますが、私の意見では、あなたは正しくありません。ポジションを守ることができます。 PMで私に書いてください。

  2. Loughlin

    それは面白い情報です

  3. Hadon

    これから何が生まれますか?

  4. Akijin

    ニュース。このトピックに関する詳細情報をどこで見つけることができますか?

  5. Noshi

    申し訳ありませんが、私の意見では、あなたは間違っています。 PMで私に手紙を書いてください、それはあなたに話しかけます。

  6. Cynegils

    あなたは間違っている。私はそれを証明することができます。 PMで私に書いてください。

  7. Nataniel

    あなたは間違いを許します。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos