一般的な

乳幼児の知能発達のための栄養ガイド

乳幼児の知能発達のための栄養ガイド


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

赤ちゃんの全体的な健康と発達は、母体の栄養に直接関係しています。定期的でバランスの取れた栄養により、赤ちゃんは数週間にわたって適切な体重に達します。母親の一般的な健康状態と出生後の母乳育児は、遺伝的要因によって許容される赤ちゃんの知能の発達を最大化します。

妊娠中の栄養は、赤ちゃんの知能の発達に影響を及ぼす要因の1つです。 アナドルヘルスセンター小児健康と疾病のスペシャリストAyşeさんのプロフィールを表示赤ちゃんの知能の発達における母親の栄養の役割を説明します。

博士Ayşeさんのプロフィールを表示彼女は、胎児および新生児の健康に対する妊娠前の不十分で不均衡な栄養の悪影響が知られており、妊娠中の適切な栄養の重要性がますます強調され、継続していると述べています。 Dönem母親の子宮の期間は、生物の最も速い成長期間です。 9か月の終わりに2つの細胞で始まる生命が平均3 kgの赤ちゃんに変わる成長率は、他のどの期間でも経験されません。適切な栄養は、この発達期間だけでなく、遺伝的要因の役割を果たしています。赤ちゃんが遺伝的に予測された可能性に達するためには、適切な栄養環境を提供する必要があります。 博士Ayşeさんのプロフィールを表示彼はまた、知性は、栄養、遺伝的または環境的効果だけでなく、多要素の概念であると述べ、続けています: Sonrası出生後のケアと愛情環境、母乳育児、母親と父親の赤ちゃんへの愛着も、知能の発達に肯定的または否定的に影響を与える可能性のある要因です。

母親はどのように食事をするべきですか?

「十分なカロリーに加えて、すべての食品群はバランスの取れた方法で消費されるべきです。野菜や果物、穀物、肉魚、家禽、卵、豆類のタンパク質、牛乳、乳製品、バランスの取れた脂肪を得ることが重要です。
妊娠中、妊娠中の母親は身長に依存しますが、9〜12ポンド増えるはずです。この重量の半分は、乳児と胎盤、子宮の成長に使用されます。残りの半分は母乳育児のために保存されます。赤ちゃんが成長するためには、約900〜950グラムのタンパク質を保存する必要があります。したがって、妊婦は通常の毎日の食事に15グラム以上のタンパク質を追加する必要があります。

鉄と葉酸は、血液産生と神経系の発達に重要な役割を果たします

デミール鉄欠乏症は妊娠中に非常に一般的です。鉄は血液を作るために使用されます。この点で、母親と赤ちゃんにはたくさんの鉄が必要です。妊娠中の母親は、1日あたり20 mgの鉄を摂取する必要があります。鉄欠乏は、子宮内の赤ちゃんの身体的および精神的発達に悪影響を与える可能性があります。このため、必要なチェックを実行することが重要です”
「葉酸欠乏症では、神経系の発達が遅れ、神経管欠損と呼ばれる異常が発生する可能性があります。葉酸摂取は、特に妊娠前に十分でなければなりません。子どもを産むことを計画している女性は、妊娠前の4-8週間、食物に葉酸を豊富にするか、葉酸錠剤を使用することをお勧めします。濃い緑の葉野菜には、すべての穀物とマメ科植物に葉酸が含まれています。ただし、光、熱、および食品加工により、簡単に破壊される可能性があります。したがって、野菜や果物を新鮮に摂取するか、最大限に摂取することで最大限の効果を得ることができます。葉酸を含む食品には、豆、ナッツ、クルミ、卵黄、オレンジがあります。アルコール消費は体内で葉酸を消費します”

脱毛は、妊娠中のカルシウム不足が原因です。
Için赤ちゃんのカルシウム要件のために、母親は毎日の食事に500 mgのカルシウムを追加する必要があります。この量は、追加のコップの牛乳または同等の乳製品で満たすことができます。特に多くの子供を持つ母親では、繰り返し妊娠中のカルシウムの供給が不十分であるため、脱毛が起こります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos