一般的な

健康管理は子供の成功に影響する

健康管理は子供の成功に影響する


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

子供は何歳でどの検査を受けるべきですか?

検査とは、病気が発生する前に症状を検出し、少なくとも病気が発生する前に予防措置を講じることができる検査です。このようにして、患者が病気になるのを防ぎ、健康的な生活を送ることができます。幼稚園や保育園の開始年齢を2〜4歳として受け入れた場合、2歳以降6か月ごとに定期的に検査を受けている子供は、必要な相談を含む健康診断検査を受ける必要があります。乳歯が完成した2.5歳の子供の定期的な検査に加えて、歯科医による歯科チェックは、歯の問題がある場合の早期介入の観点と、歯科医と子供の大胆不敵な関係の観点の両方で有益です。小児科医は、6か月ごとの定期検査中に、身体の成長、社会的発達、外観((白など)、眼の障害、歯の発達、整形外科の問題に関して子供を評価する必要があります。この検査中に小児科医の疑いがある場合、彼は必要な検査と相談を求める必要があります。 4歳までに、定期検査と予防接種のチェックが必要です。 4〜6歳の間に投与されるべきワクチンがあります。さらに、軽度の整形外科の問題があり、改善されていない場合は、この年齢で整形外科の検査を行うことが適切です。子供の顔色が薄い場合は、貧血の有無を調べるために血液検査を行う必要があります。子供の成長に影響を与える要因の1つは、睡眠パターンです。学校の始動期間中、子供は1日平均10時間寝なければなりません。

何歳でどの予防接種が行われますか?

1年齢管理は非常に重要です。子供の貧血の存在、鉄の店をチェックする必要があり、尿制御を行う必要があります。麻疹、風疹、おたふく風邪、水疱瘡のワクチンの最初の投与は、1歳のときに行います。 2歳のとき、A型肝炎ワクチンの最初の投与を行います。予防接種と一般的な健康診断は4年間実施する必要があります。混合ワクチン(ジフテリア-破傷風-百日咳-ポリオ)、麻疹、風疹、おたふく風邪は、4〜6歳の間に投与する必要があります。さらに、1歳を過ぎた後、家族と相談して水cellワクチンの最初の用量を投与する必要があります。

子供は小学校を始めるときにチェックを受ける必要がありますか?

小学校を始めるとき、コントロールは重要です。子供が読み書きを始めるからです。その時点では、すべての機能が良好でなければなりません。私たちは間違いなく血液検査をしています。彼に貧血があるかどうかを確認してください。子供が貧血を持っている場合、子供の学習能力が影響を受けるためです。視覚障害がある場合、彼はボードを見ることができず、彼の学習能力は再び影響を受けます。子供の聴力に疑問がある場合は、耳鼻咽喉科医による聴力検査と聴力検査を実施する必要があります。

貧血に対してどのような検査が行われていますか?

貧血制御のために、ヘモグラムと呼ばれる検査が行われます。貧血にはさまざまな種類があります。一般に、貧血タイプは、マイクロサイト(赤血球の直径が通常よりも小さい)、大球(赤血球の直径が通常よりも大きい)、および赤血球が正常範囲内にある場合に見られます。赤血球の数が少ないため、貧血のタイプもあります。ヘモグラムに貧血の徴候がある場合は、追加のテストを実行して、どのタイプの貧血が存在するかを判断します。私たちの国の子供たちで最も一般的な鉄欠乏性貧血。したがって、貧血の原因を見つけるために最も一般的に使用される検査は、鉄、鉄結合能、フェリチンです。私たちの国は地中海の国であり、マイナーサラセミアやメジャーサラセミア(地中海貧血)などの病気がわが国で見られます。鉄欠乏性貧血と地中海性貧血が子供に共存することもあります。このため、ヘモグロビン電気泳動試験も必要です。大球性貧血が疑われる場合は、葉酸B12が必要です。

子供の血中脂肪を見る必要があるのはいつですか?

家族に心臓病のリスクがある場合、家族の大部分が高コレステロールを発見した場合、これらの子供の血中脂肪を調べます。家族性コレステロールである可能性があり、私たちは幼い頃から栄養を調節しています。高コレステロールなどの問題が家族にある場合、2歳後と6歳のときに、血中脂肪を調べることで、特定の病気から子供を守ることができます。定期的に血圧制御を行うことも有用です。

いつ聴力検査を受ける必要がありますか?

疑問がある場合は、すぐに聴力検査を受ける必要があります。通常、私たちは出生後最初の月に定期的な聴力検査を行うことにより、聴力検査を行います。その日までの子供の病気を考慮して(特に一般的な鼓膜炎の子供の難聴が発生する可能性があります)、耳鼻咽喉科医に相談することができます。小学校を始めるときに聴覚テストを実行できます。耳、鼻、喉の専門家は、彼が聞く音を制御します。必要なときに実行されるテストです。家族が子供が電話をしてもゲームの外で聞こえない場合、認識に問題がある場合、子供があなたの言うことを誤解したり、あなたが電話をかけたときに見えない場合は、注意を払う必要があります。

甲状腺の問題があるかどうかを確認するテストが必要ですか?

子供の発達に肥満がある場合、甲状腺機能を検査する必要があります。甲状腺の働きが悪いと、子供に疲労や遅さなどの他の症状が現れることがあります。または、子供があまりにも多くの食べ物を食べても体重が増えない場合、子供があまりにも活発または神経質である場合、甲状腺が非常に激しく働くことを覚えておく必要があります。そのような場合、甲状腺機能を検査する必要があります。しかし、それは定期的に見られる必要はありません。

子供が学齢期に遭遇する可能性のある病気は何ですか?

尿路感染症は一般的です。子供は特定の年齢まで家族と一緒にいるので、母親はトイレのトレーニングで一緒にいます。しかし、彼が幼稚園や小学校に行くとき、彼は彼のためにそこにいないので、彼はきれいにする必要があります。子供はトイレの掃除にあまり熟練することができないため、尿路感染症になります。寄生虫病は、公共の生活エリア、公衆トイレ、手洗いで見ることができます。上気道疾患も頻繁に発生します。初年度の幼稚園と小学校は特に頻繁に見られます。子供は学校に行く前に無菌環境に住んでいるからです。彼が学校に行くとき、彼は混雑した環境に入ります。上気道疾患は飛沫感染症に感染しているため、誰かが咳をすると、すべてが通過できます。



コメント:

  1. Duer

    それは何か違うことと??維持の考えについてです。

  2. Bishr

    私は最後です、申し訳ありませんが、この答えは私に近づきません。他に誰、何が促すことができますか?

  3. Jurrien

    私たちはあなたの優れたアイデアなしでやるだろう

  4. Mazudal

    なんて言葉…すごい、すごいアイデア



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos