一般的な

妊娠の相続人を取り除く

妊娠の相続人を取り除く


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

静脈瘤は、特に女性によくみられ、脚の痛み、腫れ、しびれ、刺痛などの症状があります。女性の最も脆弱な期間である静脈瘤は、この期間中に治療が不便になるという事実のために無視されます。メモリアルアンカラ病院、心臓血管外科部博士Baris Durukanは、妊娠中に静脈瘤と治療法に関する情報を提供しました。

ほとんどの患者が無視

静脈瘤は、足に影響を与える健康上の問題であり、地域の4人に1人に発生します。生命を脅かす病気ではなく、初期段階で深刻な制限を引き起こさないため、しばしば無視されます。化粧品の苦情を気にする患者を除いて、深刻な皮膚の変化と後期の開放創の形成は、医師に相談する理由です。静脈瘤ストッキングの着用に対する恐怖、靴下治療に対する不服従感、および治療が利益をもたらさないという偏見も、この状況を引き起こします。

妊娠中に苦情が増える

主に女性に見られる静脈瘤による訴えは妊娠中に増加します。さらに、妊娠中に静脈瘤が最初に発生することは一般的です。妊娠は女性にとって非常に特別で楽しいプロセスです。このプロセスでは、子宮、体液およびホルモン系の変化により、静脈不全および毛細血管の発達、またはより大きな静脈瘤の形成が促進されます。より顕著なpregnancy訴は、特に妊娠前に静脈瘤と診断された患者に発生します。繰り返しますが、脚の腫れは体重の増加に起因します。妊娠後期の径部に発生する可能性のある大きな静脈瘤も正常と認識されます。しかし、身体は生理学的な変化を経験しますが、これらの不満は生理学的なものではありません。静脈瘤の最も一般的な兆候は、腫れと痛み、妊娠中の体液の増加です。子宮が成長すると、腹部の右側の主静脈の圧迫による静脈不全が増加します。妊娠中の女性は、一般的に圧力を下げるために左側に横たわるように勧められています。ただし、妊娠中の女性は心血管外科医によって評価される必要があります。静脈不全またはリンパ浮腫があるかどうかを判断するための検査およびドップラー超音波検査。強制的な理由を除き、妊娠中の女性では薬物の使用を避ける必要があります。同様に、この期間の静脈瘤には針または外科的介入は推奨されません。母乳育児期間後に適切な治療オプションを決定する必要があります。妊娠中の静脈瘤に起因するcomplaint訴を減らすための推奨事項は、以下のとおりです。妊娠中の静脈瘤に起因する訴えを減らすための推奨事項:1。睡眠中、脚は心臓のレベルよりも高い状態を維持する必要があります。このために、ベッドの足側を2〜3 cmのくさびで持ち上げることができます。ウォーキング、サイクリング、水泳などの定期的な運動を毎日行う必要があります。これらのエクササイズにより、ふくらはぎと太ももの筋肉が働き、静脈の血流が促進され、苦情の軽減に貢献します。毎日、脚は約32度の水温で体温よりわずかに高い水平位置に維持する必要があります。シャワーの後、足は冷たいシャワーを浴びる必要があります。医師が推奨する静脈瘤を使用する必要があります。妊娠中の静脈性疾患の発症リスクと進行が容易になることを心に留めておく必要があり、必要な予防措置を講じるために心血管専門医に相談する必要があることを覚えておく必要があります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos