一般的な

妊娠中のビタミンD

妊娠中のビタミンD



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ビタミンD、
体内の骨およびカルシウム代謝に陽性
方向
効果。要件へ
カルシウムに依存
吸収を増やし、骨の石灰化を増やします。カルシウム、骨、
歯の形成におけるビルディングブロックの役割
行っています。通常の制限内
残留筋肉収縮、血液凝固、神経伝導
以下のために
必要です。複数
ホルモンの効果
プロセス
イニシエーション
と血圧バランス
規制の役割
演じています。最近の研究では、ビタミンD
成長と発展の期間
に、細胞分化、

開発と免疫
特に妊娠中のシステムへのプラスの効果の発見後
誰の効果とこれ
期間の重要性が注目を集め始めました。なぜビタミンDが重要なのですか?

妊娠の健康的な進行のために
妊婦と
バランスの取れた栄養が不可欠です。特にダイエット計画におけるビタミンとミネラルの組み合わせ
そして赤ちゃんの健康
ダイレクト
効果として
必要になります。このために最も
妊娠しています
女性は薬の形でビタミンDサプリメントを取っています。妊娠中のビタミンDが豊富な栄養。赤ちゃんに発生します
骨疾患
赤ちゃんの低出生体重
として
世界
病気など
それは防ぐことができます。疲労、疲労、歯の骨折、背中、腰、筋肉および関節の痛み

スルー
快適な妊娠時間
合格させます。

妊娠

日当たりの良い環境で15-20
数分間歩くのに十分なビタミンD摂取
以下のために
それは重要です。
夏休みの母
候補者は日陰で日光浴しなければなりません。外で働いている妊娠中の母親は、十分なビタミンDを摂取できます。
湿気のない光のない環境で生活または仕事をしている妊娠中の女性
毎日30
分、屋外服
屋外環境で
彼らはそうでなければなりません。
特にチーズ、牛乳、牛乳
製品、天然アイスクリーム、卵黄、サーモンなど。彼らは食物を消費するべきです。水泳、低
早歩きなど
スポーツを続ける
必要があります。しかし、ビタミンD製剤は医師にとって不可欠です。
彼が見たら
これは、撮影することができます。

ダイエットプログラムの結果として、ビタミンDの摂取量が不十分であり、太陽から離れてください。季節変化の言及
する必要があります。
妊娠中のビタミンDレベル;季節的状況、その他の環境要因および体調
これは、影響を受けています。冬または春に出産した妊婦で実施された研究の結果、夏に出産した人よりもビタミンDレベルが低い
これは、観察されました。

ビタミンDの摂取
日光への最も簡単な方法
1日15分間の太陽への露出および露出
週に4〜6回これを行うことが重要です。太陽が強すぎる
これは、妊娠中の女性に苦痛をもたらす可能性があるためです。
太陽に行くのがベストでしょう。また、ガラスの後ろに注意する必要があります
日光のビタミンD代謝のために人体に利益がない
彼らはそうではありません。過度の日光曝露によるビタミンDの過剰摂取はありません。
代謝はそれを調整します。

冬季
十分な太陽
最も重要な要因
地理的地域と日光
露出時間。この段階で服と体の開いた領域を取りました
日光の量とともに効果的です。妊娠中のビタミンD欠乏症

危険、柔らかく、簡単に壊れる
になります。骨軟化の治療は長期間続く場合があります。同時に、赤ちゃんの発達におけるこの病気
マイナスの影響もあります。ビタミンDの欠乏;幼児の骨
病気、体
歪み、出産
妊娠後の頻繁な感染
と新生児
くる病などの問題を引き起こす可能性があります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos