健康

赤ちゃんの肌をケアする方法は?

赤ちゃんの肌をケアする方法は?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

• ベビースキン 大人の肌によって異なります。赤ちゃんの肌の違いは、乳児特有の皮膚障害を引き起こします。これらの一部は一時的なものですが、一部は長期間続く場合があります。

•赤ちゃんの肌は非常に敏感です。赤ちゃんの肌は薄く、大人よりも脂肪の分泌が少ないです。皮膚が薄いため、皮膚が傷つきやすくなります。皮膚が薄くなると、製品が皮膚から外部に吸収され、血液を通過する可能性があります。したがって、大きな表面に適用される製品には注意が必要です。

•赤ちゃんの免疫システムの発達が少ないと、赤ちゃんは感染しやすくなります。皮膚感染症は幼児によく見られます。新生児期に乳児の世話をしている赤ちゃんの手は、感染のリスクをもたらします。そのため、赤ちゃんと接触する人の手を頻繁に洗うことで、赤ちゃんが感染するのを防ぎます。

•皮の剥離: これは、赤ちゃんが子宮内にいる間に赤ちゃんを覆っている保護層が出生後に投げ出されたときに発生する状態です。生後数週間で消えます。治療法は、入浴後に赤ちゃんを優しく刺激せずに湿らせ、赤ちゃんを洗うことです。
•皮膚組織: 赤ちゃんの脂肪細胞の脂肪分泌が少ないという事実が、乾燥の主な原因です。それは、時間の経過とともに油の分泌が増加すると消えるかもしれませんし、湿疹の発症への道を開き続けることもあります。乾燥は外部要因の影響を受けます。乾燥を防ぐために、いくつかの対策を講じる必要があります。ベビー服はデリケートな洗剤で洗う必要があります。赤ちゃんは洗濯せずに服を着ないでください。服は綿100%でなければなりません。衣服は、少量の洗剤と大量のすすぎ水で洗う必要があります。誤った洗剤の使用は、皮膚の発赤とかゆみの形で現れるアレルギー反応の発生を引き起こします。
•MILLA: 彼らは顔と頭皮に落ち着く小さな白いパフの形で表示されます。それらはケラチンで満たされた小さな嚢胞形成です。それらは、出生時に発達するか、後で発症する場合があります。彼らは治療せずに外出します。
•有毒な紅斑:それは、日焼けなどの赤い皮膚に囲まれた膿疱の形で現れます。個別でもグループでもかまいません。彼らは自分で出かけます。
•新生児にきび:それは、母親からの妊娠ホルモンの影響によって観察される状態です。彼らは頬から始まり、額に向かって動くことができます。彼らは短時間で外出します。炎症性病変の治療には、外部抗生物質が使用されます。進行した場合、赤ちゃんのホルモン障害の可能性が調査されます。

赤ちゃん用スウェットおむつ 大人とは異なります。汗チャンネルはあまり機能しません。彼らは熱に耐えることが困難であり、強烈な熱と湿度は幼児の苦痛を伴う発疹を引き起こします。最も一般的には顔、首、体幹に見られますが、全身に見られます。小さな吹き出物は、頭のようなパフの形で現れます。赤ちゃんが頻繁にシャワーを浴びるのは重要です。厚い服を着るのではなく、汗をかいて涼しい環境に保つことが重要です。

頭皮の一般的な状態であり、額、眉毛、外耳道にも見られます。乳児の脂肪細胞の不規則な機能により発症します。それは、髪に油っぽい黄色の殻とふけで現れます。自発的に消滅する場合があり、高齢になると継続する場合があります。トリートメントは、オリーブオイル、ホストシャンプー、オートバスオイルで髪を柔らかくするために使用されます。コルチゾン含有薬は、高度な場合に使用されます。

それは人生の最初の数年で一般的な状態です。径部に見られます。この地域の湿気の多い環境は、尿や糞との接触によって刺激され、発疹を引き起こします。抗生物質、歯が生え、下痢の使用は、発疹の形成のための環境を提供します。場合によっては、おむつかぶれにカンジダの副キノコが追加されることがあります。酵母感染症の発症は、炎症性にきびとして現れます。赤ちゃんのおむつの頻繁な交換は、発疹の治療において非常に重要です。皮膚が尿や糞と接触することは許されません。赤ちゃんのおむつは、刺激のないクレンザーできれいにしてください。おむつを交換するたびに、おむつかぶれとバリアクリームを使用する必要があります。おむつ交換の頻度とおむつかぶれクリームの使用は、汗の影響で刺激が増加するため、特に夏にはより高くする必要があります。酸化亜鉛を含むバリアクリームは、おむつかぶれ防止に重要です。真菌感染症の場合は、抗真菌クリームを使用する必要があります。

•誕生の汚れ: それらは血管起源または色素起源のものです。それらは、通常皮膚に見られる血管または色素細胞の過労によって引き起こされます。血管起源のあざは、血管腫とワインの染みです。それらは、皮膚と同じ表面上にあっても、皮膚から隆起していてもよい。それらのほとんどは年齢とともに消滅します。回帰のない場合、レーザー法で治療されます。色素起源のあざは、乳白色のコーヒースポットとモンゴルスポットです。
•モンゴルの汚れ: これは、腰と新生児の背中の灰色の青みがかった変色です。まれに、脚と肩にも観察されることがあります。これは、メラニン細胞の存在によって引き起こされます。メラニン細胞は、基質上で皮膚に色を与えます。彼らは自分で出かけます。

乳児の湿疹、 発赤、フレーキング、散水、ふけ それはそれ自体を明示する皮膚障害です。体全体に見られますが、乳児、額、頬、関節領域は一般的な領域です。遺伝的アレルギーを起こしやすい乳児ではより一般的です。開始は2〜3か月です。環境要因の影響を受けます。治療では、優先的な刺激性の原因を特定し、回避する必要があります。乾燥剤クリーナーから離れ、頻繁に肌に潤いを与えることが重要です。場合によっては、食物、ペット、家庭のほこりが湿疹を悪化させることがあります。これらの場合、食事のリスト、環境からペットを除去する、またはダニの量を減らす治療が適用されます。免疫調節効果のあるコルチゾン含有クリームまたは非コルチゾンクリームは、病気の治療に使用されます。かゆみを抑えるために抗ヒスタミンシロップが使用されます。湿疹は短時間で消失することがあり、慢性になることもあります。

バスルームの赤ちゃん 温水で洗うときは注意が必要です。臍帯が落ちるまで、臍帯を水位以下に下げないように注意する必要があります。使用する石鹸が柔らかい中性のpHを持ち、添加剤を含まないようにする必要があります。中性石鹸の使用は重要です。石鹸は、こすらずに柔らかく塗ってください。赤ちゃんの頭皮は、目をやけどさせないベビーシャンプーで週に1、2回洗う必要があります。女の子では、性器部分が石鹸を刺激する可能性があるため、石鹸で洗うことはお勧めしません。洗浄後、石鹸の残留物が残らないように注意する必要があります。入浴後に保湿クリームを塗る必要があります。使用する加湿器は、無添加で無香料の製品であり、添加物を含まないことに注意してください。オートミール保湿剤は、その非アレルギー性の特性のために推奨されます。少し濡れた肌に潤いを与えてから、服を着ます。



コメント:

  1. Duc

    うーん、あなたは小さなコレクションを作成することができます

  2. Tygolkree

    おめでとう、なんて素晴らしい答えでしょう。

  3. Bowen

    よくやった、あなたの文は役に立つでしょう

  4. Nizam

    明らかにあなたは間違っていました...



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos