一般的な

お子様との個人差に関する書籍

お子様との個人差に関する書籍

こんにちは、今日は子供と一緒に読むことができる本を見て、個人差について調べました。

FERDINAND

著者:マンローリーフ

イラストレーター:ロバート・ローソン

パブリッシャー:PenaYayınları

スペインの雄牛は競技場に行くことを夢見ています。 1つを除きます。フェルディナンド!

彼はアリーナに行くのではなく、自然に囲まれ、花の香りを嗅ぐのが好きです。しかし、闘牛がアリーナに強制的に連れて行かれたとき、大きな驚きが待っています。

フェルディナンドは、1936年に児童書作家のマンローリーフによって執筆され、有名なイラストレーターのロバートローソンによって描かれ、古典になりました。

Kasal

著者:京マクリア

イザベル・アルセノーによるドロー

翻訳者:GözdenurÇağlayan

パブリッシャー:Hep Kitap

彼女の母親はスプーンで、彼女の父親はフォークでした。彼は両方のように見えたので、彼らは彼をカシャルと呼びました。

カシャルと他の人の外見が異なるため、彼の家族は気にしませんが、残念ながら彼の家族には同意しません。

フォークとスプーンは、彼が住んでいるキッチンのスプーンです!他のすべてのスプーンとフォークの友人は、流し台で泡風呂を楽しんだり、テーブルに置いたりすることができます。

ひげはそれらを見るだけでした。誰もこの表情で彼女を受け入れたくなかった。しかし、ある朝、キッチンに散らかったものが来ると、Kaşalは探している友人を見つけたかもしれません。

カラーランドブック

作成者:Menena Cottin

ロサナ・ファリアの描く

翻訳者:アルパスラン・ドゥルムシュ

パブリッシャー:EdamYayıncılık

Black Book of Colorsは、私が読んだ中で最も美しい意識の本の1つです。著者は、色、レリーフ、比phorで視覚障害者にとても美しいと伝えています!

イブラヒムが言ったように、この本では色を嗅ぎ、感じ、聞き、味わうことができます。本はラテン語または点字で読むことができます。

ミュージシャン牛の粉砕

著者:ジェフロワ・ド・ペナルト

出版社:ワイルドフラワー出版

全国の音楽コンクールに参加するために街に行くSirmaは、オーケストラグループに参加しようとします。しかし、彼が訪れたすべてのオーケストラは、彼の長さ、角、衣服、草食動物、および体重に基づいて評価した場合、場所を取得できません。

ますます必死になっているSirmaは、自分のオーケストラを見つけることができるかどうか見てみましょう。

デリケートマウスとして強力

著者:レイチェル・ビッセイル

翻訳者:GençOsmanYavaş

パブリッシャー:Final Culture and Art Publications

アナベラは、マウスではなく象と友達になりたいので、他のマウスと比較して特別なマウスです。

しかし、彼の母親はあまりチャンスを与えませんが、彼はいつも言っています。しかし、象はネズミを恐れています。

一方、アナベラは希望を失うことなく何度も運を試しますが、残念ながらいつも同じ状況に直面しています。

ある日まで、彼は視覚障害の象であるゼットに出会い、彼は世界のすべての色を話した。

マウスによる障害に基づいた視覚障害の象の素晴らしい友情…

ハッピーウォータープール

著者:リチャード・エドワーズ

パブリッシャー:İşBank Culture Publications

カバは小さなカバであることに満足していません。彼は常に他の動物を気にし、それらのようになりたいです。

カバになるのは退屈だからです。ある日、彼が森の中を歩くと、サル、ワシ、女王などの動物に出会います。

彼が遭遇するすべての動物で、彼は彼らのようになろうとします。しかし、すべての試みは失敗します。池のそばでヤギに会うまで!

BAHADIR

著者:Geert De Kockere-カール・クヌート

パブリッシャー:SarıgagaYayınları

バハディルには、桟橋の父のような足、数えることができる2つの体、帆のように変動する2つの耳、端に向かって遊び心のあるホース、小さな尾がありました。しかし、これにもかかわらず、バハディールはどこにでも招待されました。

例えば、彼らが彼に何かを持たせたいと思ったとき、彼はマストのように直立したり、誰かの声を聞くように呼ばれたりすることがありました。

彼らは絵を描くために彼を呼んでいました。尾の先端の羽が最も細い線を引くことさえあるからです。バハディルはリズムを保つために聖歌隊に招待されましたが、もちろん彼はホースで完璧にそれをしました。

短い尾のバハディルは優れた象牙であるにもかかわらず、耳のように航行している父の足のすべてを見ることができます!

NOHUTÇUK

「誰かが小さいからといって、それが偉大な芸術家であることを止めるわけではない!」

私の好きな子供向けの本の1つは、その主題と図面です。ノフチュクです。

実際、名前自体はひよこ豆の粒の大きさとまったく同じです。あなたはどのように考えるかもしれません。しかし、彼はそうは思いません。

彼女の小さな体にもかかわらず、彼女は格闘、歩き、登り、ドライブなどをします。

これらすべての違いは別として、彼は人生を最大限に生きる小さなヒヨコマメです!

MORRIS MICKLEWHITE AND ORANGEドレス

著者:クリスティン・バルダッキノ

描画します: イザベル・マレンファント

翻訳: Denizさんのプロフィールを表示

出版社: Güldünya出版物

それは私が今まで読んだ中で最も多様な本の一つ、モリス・ミックルホワイトでした。彼女はオレンジ色のドレスを着て、靴を履くのを好み、それらを着てとても幸せです。

しかし、彼女がお気に入りの服を着て学校に行くとき、彼女の友人は彼女について同じことを考えず、彼女が関与することを望まない。

しかし、モリスと他の子供たちが同じ夢を共有すると、楽しい変化が始まります。この本は、GüldünyaPublishingの絵を描いた私のお気に入りの本の1つです。 

ボブとガガアート

著者-イラストレーター:Marion Deuchars

翻訳者:シマ・オズカン

出版社:Fom Kitap

ボブは、他の人と同じように、あらゆる点で自分を愛している鳥です。さて、彼の足は細いかもしれませんが、彼はそれを気にしません。

彼の周りの人々がボブのように考えず、彼の細い足をからかうまで。彼女が悲しいとき、彼女は細い足を厚くすることにします。

彼はスポーツをし、食べ、足を覆う服を好む。しかし無駄。それからある日、アートギャラリーを訪れている間、ボブは素晴らしいアイデアと、誰もが彼を賞賛するような解決策を思いつきます。

子犬はタコになるのが非常に難しい

著者:サラ・アヒンカナト

イラストレーター:フェリダンオーラル

パブリッシャー:YapıKredi Publications

赤ちゃんタコのニノは、毎朝ベッドから出られず、母親の助けを借りて服を着ることができませんでした。

彼がそれを着ることを余儀なくされた理由は、ニノが毎朝8本の腕を持つタコであり、8穴の服を着ていることに疲れていたからです。

彼の唯一の願いはウナギに変身することでしたが、ある朝、ニノがタコであることを誇りに思っていることが起こりました。何がニノの心を変えたのだろうか?

すべての人について知っている

作成者:Jaume Copons

イラストレーター:グリディ

翻訳者:MehmetÇilingir

パブリッシャー:Tekir Kitap

All About Peopleは、多くの異なる特性を持つ人々について話します。

たとえば、小さな鼻や大きな鼻。口ひげの有無にかかわらず人々;ヘビやクモ、嵐を​​恐れる人々。色の目を持つ人々;肉や野菜を食べている人;山の頂上に登る人や海の底に飛び込む人から…

実際、ごく一部、特にお互いにどれほど違いがあり、特別なのでしょうか?あなたの子供との違いについて話すことができる楽しい本があなたを待っています。

レインマンと最も美しいダンス

著者:ÖzgeBahar Sunar

イラストレーター:UğurAltun

パブリッシャー:Redhouse KidzYayınları

太陽が空を明るく照らす日、田舎はピクニック、読書、サイクリング、スポーツをする人でいっぱいです。誰もがこの美しい一日を楽しみます。

雲が空を覆い、雨が降り始めるまで!雨が降り始めると、家に帰らなければならない人々が突然雨について話し始めます。

雨を聞くと、誰もが非常に怒って怒っているので、誰もが非常に失望し、再び雨を降らないことにします。もちろん、雨が降らなくなったので、人々は昔の楽しい時間に戻ります。公園で、庭で、田舎で。

彼らが来ると、草が黄色に変わり、動物が脱水状態になり、熱で窒息することさえあります。雨滴を感じて踊ろうとしている聴覚障害の少女は、雨がもう雨が降っていないことに腹を立てています。

雨がいつか台無しになったのではないかと思う。それは一部に不可欠ですか?

犬はバレない

著者:アンナケンプ

サラ・オギルビーの絵

翻訳者:GülbinBaltacıoğlu

パブリッシャー:Pearson Publications

My Dog Does Not Balletの主な主人公は、小さな女の子と彼女の珍しい犬です。

ある日、少女はバレエのレッスンを受け、犬にバレエができるかどうかを父親に尋ねます。犬はバレエできないという父親の反応で 小さな女の子と彼女の犬の冒険が始まります。 少女と犬の旅は、誰もが、特に読者の皆さんを待ち望んでいます。

「私の犬は違います。他の犬とは違います。彼は彼らのように振る舞いません。彼はトイレから水を飲まない、スリッパを噛まない、猫を追いかけない…私の犬は彼がバレリーナだと思っている!

小さな女の子と彼女の犬は、夢の世界への入り口で小さな読者を待っています。本の中のカラフルな絵は、読みやすく、子どもたちの創造性の向上に貢献します。

キャメルバードは何でもできます!

著者-イラストレーター:OğuzDemir

パブリッシャー:UçanbalıkYayınları

ダチョウは、望むなら何でもできますか?確かに、なぜですか?ダチョウは毎日虎に追われていることに不満を抱いており、オウムのように飛びたいと思っています。

バナナの葉、竹、ツタ。その後、彼はフラミンゴのように空を高く飛ぶように飛ぶことを望み、フラミンゴで飛ぶ間、彼は山の頂上を回るワシの世話をします。

しかし、他の動物の個人的な特徴を気にするのはダチョウだけでしょうか?たぶん、カメはダチョウのように足が長いように注意します。 🙂

ダチョウは何でもできる、オグス・デミールのペンとの個人差の美しさについての楽しい物語。

ギュン・ベイの窓

著者:GöknilÖzkök

イラストレーター:CeyhunŞen

パブリッシャー:CanÇocukYayınları

歩道と同じレベルで、ギュンは鉢植えの花が開かない窓の前にあるアパートの建物の最下階に住んでいます。

彼の人生はこの窓の前を流れ、通り過ぎる靴を眺めている。彼は外出するのが怖いので、彼の靴はただ棚の上に立っています。

しかし、ある日、少女は彼女が外を見る窓に気づき、奇跡が起こります。na子供たちとの社会的認識と違いについて話す素朴で温かい物語。 GöknilÖzkökの物語には、CeyhunŞenの素晴らしい絵が添えられています。

SUKI'S CHIMO

著者:上垣慈恵

イラストレーター:Stephane Jorisch

翻訳者:DilaAltındişBalcı

パブリッシャー:MeavYayıncılık

スキの好きなことは、祖母が昨年の夏に贈った青い着物と、学校の初日に青い着物を着ることを決意していることです。たとえ最初であっても、スキの兄弟でさえも、彼らがそのような服を着ると、誰もが彼を奇妙に見て、彼をからかうと言うことで、彼らを説得しようとします。しかし、スキはあきらめず、好きな服を着て学校に行きます。もちろん、あなたの兄弟が言うように。青い着物を笑ったり笑ったりする子供たちがたくさんいます。彼はまだ青い着物にとても満足しています! J

Meav Publishingで自分自身、自信、違いを選択する。

ブルーウルフシティ

著者-イラストレーター:Marco Viale

翻訳者:NilüferUğurDalay

パブリッシャー:Cinar Publications

ブルーオオカミは、ブルーオオカミの街で均一な生活を送っています。彼らは秩序を破ることなく毎日同じことをします。

もちろん、この都市のオオカミだけではありません。海、空、家、テーブル、さらに青いおしっこ。しかし、ある日、赤い自転車の赤いオオカミが街にやって来て、彼らの生活が変わり始めました。

ÇınarYayınlarıとの違いを尊重することは、革新と変化に開かれているという美しい物語です。

1cocuk1kitap

instagram://www.instagram.com/1children1book/?hl=en_US


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos