一般的な

夏に出産する母親への快適な提案

夏に出産する母親への快適な提案


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夏の数か月は、妊娠の8か月目と9か月目に達した母親にとってさまざまな課題をもたらします。特に妊娠の場合、医師は、問題を抱えながら座ったり、歩いたり、寝たりすることによって生まれるプレッシャーのため、母親候補者の健康的な体重は暑く、体に浮腫ができることを推奨します。 AcıbademKocaeli病院の婦人科および産科専門医Yildiz Tuncay、 母はこれらの問題を解決するためにこれらの提案をあなたと共有します。

: 夏の暑い母親にどのように影響しますか?
博士イルディズ・タンケイ: 夏に気温を上げると、母親を数えて数週間、数日、赤ちゃんの出生にとって高湿度率が最も困難になります。腹部の圧力が上昇すると、胃と腸に圧力がかかり、肺と心臓に圧力がかかります。妊娠が進むにつれて、妊娠中の母親は呼吸と循環が困難になります。

: ほとんどの母親は何に挑戦しますか?
博士イルディズ・タンケイ: 頻繁で困難な呼吸は、妊婦にとって非常に困難です。腹部の圧力が上昇すると、肺の容量が減少し、空腹感が生じます。心臓の動pit、突然の血圧降下。妊娠中、心臓循環系を循環する血液の量が増加し、心臓の負担が増加し、患者は動itの形でそれを表現します。妊娠が進むと、赤ちゃんの圧力により足から心臓に戻る血液の減速により、足に浮腫が生じます。それは、熱い血管の拡大と透過性を引き起こし、浮腫を増加させます。脚から心臓に戻る血液が減少すると、体と脳に送り込まれる血液が減少し、血圧低下と失神を引き起こします。母親の足に貧血(貧血)と静脈瘤がある場合、これらの訴えはより顕著になります。

: 発汗と水分損失の影響は何ですか?
博士イルディズ・タンケイ: 熱で発汗し、水分が失われ、血管が膨張し、血圧が低下し、脳循環を混乱させると失神が起こります。いくつかのマイナーな措置を講じることにより、これらの困難を軽減することが可能です。

: 妊娠中の女性への推奨事項は何ですか?
博士イルディズ・タンケイ:
•暑い日は正午に外出しないでください。
•突然の血圧低下、過度の発汗、水分の喪失は失神の原因となります。体内の水分とミネラルの損失を防ぐために多量の水を飲む、ミネラルウォーター、または砂糖の少ないレモネードが効果的な解決策となります。
•暑い場所に長時間滞在しないでください。つば広の帽子、サングラス、日焼け止め製品を使用してください。海側が涼しいと思って、長く滞在しないでください。
•熱射病は体温を上昇させます。赤ちゃんにも悪影響があります。日陰にとどまることで、この否定性を解決できます。
•短い日光浴は、早朝や太陽が効かなくなったときに有益です。
•脚の浮腫を解消するために長時間立ち上がってはいけません。同じ位置に座らないでください。足に静脈瘤がある人には、静脈瘤ストッキングを使用するのが適切です。
•過剰または過剰な食物を食べたり、脂肪の多い揚げ物を食べないように注意してください。過度の体重増加を伴う妊娠中の女性は、栄養士のサポートを受け、食事の世話をします。

クリックして、太陽の有害な影響から保護する製品をご覧ください。



コメント:

  1. Kelrajas

    私は今議論に参加することができません-それは非常に占有されています。しかし、私は戻ります-私は必然的に私が思うことを書きます。

  2. Bemossed

    My compliments to the author, brightened up a break at work.面白い。

  3. Brooke

    私は同意します、非常に良い情報



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos