一般的な

ボトルと乳首を選ぶとき、あなたは何に注意を払うべきですか?

ボトルと乳首を選ぶとき、あなたは何に注意を払うべきですか?

ボトル

赤ちゃんに授乳するのに最も自然で快適なボトルを見つけたいので、選択するボトルは重要です。自然に最も近い、赤ちゃんの口が大きく開いているので、哺乳瓶の乳首があなたにとって正しい選択になります。選択したボトルがclinical痛(ガスの痛み)の軽減に役立つことが臨床的に証明されている場合、赤ちゃんはより満足のいく授乳プロセスを経験します。さらに、ボトルのマークは明確で、正しい測定ができるようにする必要があります。
フィリップスAVENT哺乳瓶の通気性システムは、赤ちゃんの自然な哺乳リズムに対応しています。通気性のおしゃぶりは、赤ちゃんがミルクの流れを簡単に制御できるようにします。母乳育児と哺乳瓶育児を簡単に組み合わせることができます。受賞歴のある通気性のある機能は、授乳後のcoli痛による痛みや不快感を軽減するために臨床的に設計されており、乳首からの気泡を胃ではなくボトルに運ぶことができます。
Avent哺乳瓶は、coli痛の形成を軽減し、特に夜間の不快感を増加させることが臨床的に証明されています。
通気性のある注ぎ口システムにより、自然な栄養を促進します。

Philps AVENT Philips AVENT通気性乳首は通気性ボトルで使用されます。

•任意のサイズのボトルを任意の流量でスパウトと組み合わせることができます。
•赤ちゃんは胸と同じように流量を制御できます。
•通気性のある乳首により、母乳から哺乳瓶への移行が容易になります。
•安定性と快適さを実現する形状。
•形状、グリップ、幅の広いネックにより、ボトルに簡単に充填できます。
•清掃が簡単で、組み立てが簡単です。
•明確なマーキングで正確な測定を行うことができます。
•ボトルキャップは、すすぎまたは移動中の漏れを防ぎます。

Philips Avent哺乳瓶は、新しいPES(ポリエーテルスルホン)およびPP(ポリプロピレン)素材で作られており、BPAを含まず、非常に耐久性があります。 Philips Aventのすべての哺乳瓶と同様に、赤ちゃんの自然な哺乳リズムで機能し、母乳で育てる速度で母乳を供給します。

おしゃぶり

ボトルのサイズはあなた次第ですが、おしゃぶりのサイズは非常に重要であり、おしゃぶりは発達段階の異なる赤ちゃん向けに設計されています。注ぎ口の流れの速度は、注ぎ口の穴の数によって決まります。
初めて授乳する新生児または乳児に使用されるおしゃぶりは、通常、単一穴です。これは、より遅い流量を意味します。最長1か月間は低速の噴流を続行し、約3か月間は中程度の流量の噴出口に切り替え、最終的には約6か月間は高速の噴流を使用する必要があります。赤ちゃんはすばらしく、一部の赤ちゃんは早送りのおしゃぶりに切り替える準備ができている可能性があります。フィードが遅い場合はガイドがベビーベレーメになります。早送りおしゃぶりを試してみることができます。早すぎる場合は、授乳中に赤ちゃんがオーバーフローし始めたら、スローフローおしゃぶりに戻ることができます。

•フィリップスAVENT通気性のおしゃぶりは、天然のシリコンと柔らかいデザインで作られており、赤ちゃんの口を大きく開いて、おしゃぶりをしっかりと握ります。
•おしゃぶりは、乳首のもつれを防ぐように設計されており、乳児が乳首とボトルを簡単に切り替えられるようにします。

通気性おしゃぶり

空気透過性の注ぎ口は、自然の栄養を促進します。
•赤ちゃんは母乳のように母乳の流れを制御します。
•ユニークなスカートシステム-真空を防ぐために空気がボトルに流れるようにする追加の方向バルブを備えています。
•自然な乳首形状が吸引を促進します。
•新生児から6か月以降までの4つの流量があります。
•乳頭には、流量を示すために側面に番号が付けられています。
•coli痛の形成を減らします。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos