心理学

いつ母親になるべきですか?

いつ母親になるべきですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

母性は、すべての女性が味わいたい気持ちです。しかし、忙しいワークライフと女性の責任の急速な増加は、年上の母親になることをもたらします。母性にふさわしい時期は何ですか?亡くなった母親であることの利点または害は何ですか?これらの質問に対する答えは、私たちの記事にあります…

女性はまず、赤ちゃんが欲しいかどうかを正確に決める必要があります。生物時計は機能し、時間が経過するにつれて時計の刻みが増加します。意思決定は、感情的にだけでなく、健康面でも難しい場合があります。年齢の進行に伴うリスクと遺伝的要因の増加、出産が困難になるかどうか、そして「もし私が母親でなかったらどうでしょう。

今日では、年上の母親であることはより一般的になっています。特に多くの有名な名前は、遅い年齢で母親になることを好みます。パトリシア・ホッジは42歳の母親になり、マドンナは40歳の娘を出産しました。彼らの忙しい舞台生活は、彼らが若い母親になることを妨げました。これらの人々のインタビューを読むと、彼らは誰も状況について文句を言わず、成熟した母親であることがより有利であることがわかります。これまで、これらの2つの状態を比較するために、初期の母親と高度な母親の間で多くの研究が行われてきました。研究は、多くの女性が今日の変化する状況で後年に母親になることを好むことを示しています。

必死にならないで

遅い年齢で母親であることの肯定的な側面を考慮すると、状況は見かけほど悪くはありません。これらの母親は、出生後1年で赤ちゃんをより簡単かつ意識的に母乳で育てることが観察されました。さらに、母親は妊娠中の外見についてあまり苦情を持たず、妊娠した体をより簡単に受け入れることができることが明らかになりました。若い母親と年上の母親との間の研究によると、産後の情緒的抑うつと快感との間に違いはありません。両グループの母親は、これらの困難な出生後の感情に対しても同様に抵抗力がありました。分娩の種類については、帝王切開でも通常分娩でも問題はなく、痛みに違いはありません。後期母親のリスクは何ですか?遅い年齢で母親になることを決めたほとんどの女性の最大の考慮事項は、遺伝的リスクが増加する恐れです。高齢の妊娠では遺伝的リスクが増加するのは事実ですが、出生ごとに発生するリスクの増加はありません。異常のリスクは、20代で2000年に1、35年で365に1、40代で1と見られています。その結果、40歳の母親は、ダウン症候群の子供を持つリスクが1%あります。この状況からわかるように、子供が健康に生まれる確率は99パーセントであり、これは決して小さな数字ではありません。研究では、30代の女性が社会的および心理的に強くなっていることは、赤ちゃんを産んだ後、より安全かつ意識的に生活を送ることができることも示しています。さらに、この年齢の女性は自分自身により自信を持っており、より簡単に赤ちゃんを産むことができます。

後期の母親は長生きしますか?

Mıはハーバード大学の健康学校の学生グループが同じ年に生まれた女性の研究をしたことで生涯を延ばしている。この研究によると、40代で出産した女性は、より早い年齢で出産した女性よりも長生きすることがわかりました。この説明は次のとおりです。 40代の女性は後年に更年期になり、長生きする可能性があります。これらの女性はエストロゲンホルモンに取り組んでいるので、年齢に関連した病気や心臓の問題に対してより抵抗力があります。

この状況は依然として議論の余地があります。早期および後期の母親であることについて議論された別のトピックは、若い母親がより活発でエネルギッシュであることです。若い母親は、多くの身体活動を子供と簡単に共有でき、子供を育てる疲労をより簡単に許容できると言います。その結果、状況や年齢に関係なく、女性がこの責任を負う準備ができていると感じ、母性の感覚を体験したいことが重要です。

N赤ちゃんを待つ間、あなたを待っています” 本から。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos