一般的な

妊娠中の性生活

妊娠中の性生活

高いエストロゲンレベルは、性器の血流を増加させ、組織内の部分的な水分保持を引き起こします。そのため、性的興奮のときのように、膣と小さな唇が緊張してフルボディになります。これにより、敏感な神経終末がより敏感になります。生殖器領域の血流の増加は、膣分泌物の増加につながり、性交が通常よりも早く起こる道を開きます。

妊娠中の性的快楽は違いますか?

妊娠中の女性は、妊娠前に受けない限り性交を楽しむ傾向があります。妊娠中のセックスはより刺激的で満足のいくものであり、同じセッションでも複数のオーガズムが妊婦によって報告されています。

疲労、睡眠傾向、悪心、嘔吐などの妊娠の初期症状の影響により、妊娠初期のセクシュアリティへの関心は通常減少します。妊娠週)性的快感の質は向上しますが、腹部の拡大による運動の制限、および上記の恐怖と心配、および妊婦が出来事に完全に集中することができないことは、性的関心の低下を引き起こします。

良好な性的関係についてのあなたの提案は何ですか?

良好な性交により、カップルはお互いに近づくことができます。夫婦の脆弱な気質のために、問題を解決する際に起こりうる問題に対してより寛容であるため、妊娠した、感情的、影響を受けやすく、両親の初期の問題の解決が促進されます。

健康な妊娠で出産まで性交を防ぐ理由はありません。

性交は胎児に害を与えません。男性の性器は、赤ちゃんと物理的に接触していません。子宮の子宮筋、妊娠嚢、液体の嚢は衝撃から保護されています。

オルガスムはオキシトシン(子宮筋収縮)分泌を引き起こし、子宮収縮を引き起こしますが、それらは出生を開始せず、早産を引き起こしません。

妊娠中の性交では何を考慮すべきですか?

それにもかかわらず、妊娠中の性交中の過度の乳首刺激は避けるべきです。性交を防ぐ医学的問題がない限り、性交は妊娠中または最終日まで禁止されていません。妊娠中の女性は性交が有害になる条件を評価するための情報機器を欠いているため、女性は産科医から最も健康的な情報を得ることができます。妊娠中の女性への性交は、下記の条件を除き禁止されていません。

。妊娠嚢が早く開き、水が早く来る条件
。膣出血
。過去の妊娠における早産の脅威または現在の妊娠における早産の脅威の履歴
。パートナーは性感染症の保因者です
。前置胎盤(子供のパートナーが正面にあり、頸管を閉じている場合)
。妊娠末期の多胎妊娠
。産科医によって禁止されているその他の条件。

妊娠後の性生活とは何ですか?どのような問題が発生する可能性がありますか?

計画された経delivery分娩および選択的帝王切開後の女性の性的健康を調査した研究では、関係の痛みは帝王切開後の通常分娩よりも少なかった。同じ研究では、生後7-12週間で性的活動を開始しなかった女性の間で差は見られませんでした。また、性的欲求と性交の減少は両方のグループで同じであることがわかった。性的満足度は、通常の産後よりも低いです。
単一の性的障害を防ぐために必要な帝王切開の数は、痛みを伴う性交を防ぐために24.1、会陰痛を防ぐために10.2、性的満足度の低下を防ぐために9.9です。

カップルは何をすべきですか?

出産方法によると、女性は通常の経膣分娩の1週間後および帝王切開分娩後の2週間後に出生後運動を開始する必要があります。産後の期間中、性生活は禁止され、最初の検査の後、子宮は元の状態に戻る場合があります。この期間、母親の腹部、背中、ふくらはぎの筋肉が機能することは、元の形に戻るという点で重要です。女性はこれらの運動で産後の奇形を克服し、女性らしさを取り戻します。会陰と膣の筋肉の運動は、性交中に膣の硬さを提供し、出生時の組織の柔軟性を排除します。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos