一般的な

妊娠中の旅行:長所と短所

妊娠中の旅行:長所と短所


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夏は休日を意味します...もちろん、妊娠中の女性には休日の権利があります!しかし、多くの質問があります! 婦人科および産科スペシャリストOp。博士Alperさんに直接コンタクトする ほとんどの母親が興味を持っている質問に答えます。

: -エアバッグは安全ですか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 反対または反対のこの主題に関する情報が不十分です。全米交通安全協会が妊婦に対するエアバッグの影響を調査する研究が進行中です。協会は、特定の結果が得られるまで、妊娠中の女性が座席をエアバッグからできるだけ遠くに引くことを推奨しています。ドライバーであろうと乗客であろうと、誰もが非常に短い時間で大きな圧力で展開されたエアバッグから可能な限り遠くにいるべきです。シートの距離を調整するとき、ドライバーはペダルを簡単に到達できる最も遠い距離まで引きます。

運転席にエアバッグがあるかどうかにかかわらず、自分で運転している場合でも、運転席の隣に座っている場合でも、常にシートベルトを着用する必要があります。

: -妊娠後期に旅行するのは安全ですか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 多くの航空会社は、容認できる理由から妊娠末期の女性を連れて行きたくありません。これの最も重要な理由は、母親や赤ちゃんに課せられるリスクではなく、空中出産の困難さです。すべての航空会社には独自のルールがあります。

機内の圧力を設定して飛行機で旅行する場合、赤ちゃんに危害を加えることを恐れる必要はありません。飛行機旅行は妊娠のすべての三半期中に安全です。医学的合併症やリスクの増加がない場合、最後の三半期中も含みますが、考慮すべき点がいくつかあります。

•座る席を決めるときは、廊下側に席を確保します。これにより、より広い範囲の動きが可能になり、トイレに行きやすくなり、足や脚の動きに十分なスペースを確保できます

•空の旅は体の水分を失わせるので、十分な水分を取る必要があります。

•フライトの前に医師の承認を得る必要があります。糖尿病、高血圧、早産歴がある場合、または複数の妊娠がある場合、医師はこの期間中に飛行機で旅行することを許可しない場合があります。

: -キャビンキャビンの圧力は赤ちゃんに有害ですか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 多くの民間航空会社は、特定のレベルで航空機の機内圧力を維持する必要があります。これは法的義務です。検査では、キャビンの圧力が赤ちゃんを傷つける可能性があるという証拠はありませんでした。実際、キャビンに圧力をかけずに小型航空機で旅行する場合、実際の問題が発生します。たとえば、10,000フィートの高さで飛行しているときなど、キャビンの圧力がかかっていないときは、高い山の頂上にいます。この高さでは、酸素圧が非常に低く、あなたと赤ちゃんに十分な酸素を供給するために、あなたの体はより懸命に働かなければなりません。

: -旅行中に収縮がある場合はどうすればよいですか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 多くの妊娠中の女性は、時期尚早の収縮を経験します。これらの収縮のほとんどで、問題は脱水症です。旅の途中で不定期で無秩序な収縮を感じた場合は、すぐに活動を停止し、リラックスできる場所に行き、少なくとも2杯の液体を飲んでください。排尿して膀胱を空にします。子宮にかかる圧力を緩和するために、左に横になります。これはまた、子宮への血液と酸素の量を増やすことにより、子宮をリラックスさせるのに役立ちます。

収縮の頻度が減少しない場合、収縮が規則的になり始め、1時間で4〜6回以上発生する場合は、遅滞なく医療施設にご相談ください。

: -妊娠中に旅行するときの服装は?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする ここでの主なルールは、あなたが自分で服を着る必要があることです。ただし、いくつかの点に注意する必要があります。まず、妊娠中の旅行にはワンピースのズボンなどの衣服は適していません。代わりに、上下から別々の服を選択するか、スカート付きのドレスを選択する必要があります。これにより、緊急トイレが必要な場合に遅れるリスクが最小限に抑えられます。

また、単一のコートではなく複数のコートをドレスアップすることも重要です。旅行中に突然の温度変化を経験するのが一般的です。エアコンの効いた寒い飛行場を出て非常に暑い環境に入ったとき、または夏の日の休憩時にエアコン付きの車を降りるとき、またはその逆のときに、いくつかのコートを着る利点に気付くかもしれません。

: -高度の変化はつわりを増やしますか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 高度または気温の上昇は、吐き気を誘発または悪化させる可能性があります。通常、苦情は3〜5日以内に治まり、新しい環境に適応します。特に高度の変化では、苦情がより激しくなり、適応時間が長くなる場合があります。高度が上がると、脱水のリスクが高まりますので、十分な水分を取るようにしてください。高度による頭痛、緊張、吐き気を3〜5日以内に緩和できない場合は、通常よりも低い高度、またはより良い高度に戻す必要があります。

: -妊娠は乗り物を停滞させますか?
オペアンプ。博士Alperさんに直接コンタクトする 妊娠とビークルの逮捕との関係を示唆する証拠はありません。しかし、そのような関係がなくても、妊娠中に問題なく旅行できるというわけではありません。特に妊娠初期の吐き気と嘔吐は、旅行を不快にする可能性があります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos