妊娠

夏の妊婦のためのリラックスした提案!

夏の妊婦のためのリラックスした提案!


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

-妊娠の月から、女性は熱の影響を受けます。この期間中に取るべき不快感と行動は何ですか?

体温が上昇し、体重と血液量が増加し、肺容量が減少している妊婦の場合、熱から保護することがさらに重要です。特に妊娠前半の低血圧はよくある不満です。夏の間の暑さと発汗によって引き起こされる体液の損失は、交換しなければ意識を失う可能性があります。したがって、いつものように、1.5〜2リットルの液体、特に水を飲むことは、妊娠中により重要です。少量の水を頻繁に飲んで食べ物を食べると、液体不足の形成を防ぎます。低血糖と同様に不快感のために低血糖も見られます。夏の恵みを利用して、果物や野菜をたくさん食べるのが最も健康的です。赤ちゃんの発達のために十分なタンパク質とカルシウムを摂取することも非常に重要です。夏は凍結することなく通過しません。妊娠中の女性は注意する必要があります、二人は生きて、赤ちゃんは過剰に消費する糖尿病の母親の可能性に留意したかったです。妊娠は胃内容排出時間の延長であり、消化困難、揚げ物、過度の脂肪質および糖分の多い食品は避けるべきです。
妊娠中に浮腫が起こるのはなぜですか?

妊娠中の血液量と血管透過性の増加により、足と脚の浮腫は不快な次元に達します。
浮腫のある母親に何を勧めますか?

妊娠中の女性は、支払い温度の影響で静脈の拡張が加えられると、自宅で履く靴を見つけることができません。水分摂取に注意しながら、ナトリウム塩の摂取を考慮する必要があります。厳密な塩分制限を行うべきではありませんが、塩辛いスナック、加工食品、デリカテッセンなどの過度の塩辛い食品は好まれません。立っている、座っている、または長時間太陽にとどまると浮腫が増加する可能性があるため、日中の11.00-16.00の間に太陽にとどまることを避け、浮腫の場合に短い散歩をし、足を上げることが対策の1つです。
妊婦に水泳を勧めますか?

出血、流産の脅威、高血圧、早産などの妊娠の合併症がない場合、水泳は、海またはプールが先月まできれいであるという前提条件で熱と戦うための最良の方法の1つです。さらに、妊娠中に活動することで血糖値を調節し、酸素の使用量を増やし、体重のバランスを保ち、正常な出産を促進します。

妊婦は夏にどのように着るべきですか?

妊娠中の女性の服、足、血液プールを増加させないように、膝、腰、腰は夏に快適である必要があり、機能に追加する必要性に応じて薄い層で構成する必要があります。皮膚は妊娠中に染みやすく、妊娠中の肝斑と呼ばれる妊娠マスクは、妊娠後でも美容上の問題を引き起こす可能性があります。太陽は斑点の形成を増加させます。日中は直射日光に決してさらさないでください。帽子、サンバイザー、衣服、保護係数の高い製品は、太陽の悪影響から保護する必要があります。また、母親の体温が上昇し、発育中の赤ちゃんを傷つける可能性があるため、長い日光浴やサンルームはお勧めしません。要するに、妊娠中の女性は日光を避け、多量の水を飲み、海を楽しむべきです。

クリックして、太陽の有害な影響から保護する製品をご覧ください。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos