一般

牛乳を飲まない幼児に豆乳を飲んでも大丈夫ですか?

牛乳を飲まない幼児に豆乳を飲んでも大丈夫ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一部の幼児にとって、豆乳は牛乳の代わりとして受け入れられます。ただし、覚えておくべきことがいくつかあります。

必ず購入してください 全体 脂肪は2歳未満の子供の脳の発達に重要であるため、低脂肪または無脂肪バージョンではなく豆乳。(ただし、子供に心血管疾患、高血圧、または肥満の家族歴がある場合、医師は低脂肪から始めることを勧める場合があります。幼い頃の脂肪乳。)

また、選択する豆乳がビタミンA、ビタミンD、カルシウムで強化されていることを確認してください。

豆乳にはフィチン酸塩が含まれているため、他のカルシウムが豊富な食品やカルシウムが強化された食品で幼児の食事を増やすこともできます。これらは、全粒穀物食品、豆類、ナッツに含まれる天然に存在する物質であり、カルシウムやその他のミネラルの吸収を減らす可能性があります。

たとえば、強化豆乳の容器には、8オンスのガラスに200〜300 mgのカルシウムが含まれていると書かれている場合がありますが、研究によると、体はそのカルシウムの約75%しか吸収しません。ブロッコリー、ケール、ライム加工トルティーヤ、ヨーグルト、チーズなどのカルシウムが豊富な食品、カルシウム強化ジュース、シリアル、ワッフル、朝食バーを選択してください。

豆乳は植物から作られているため、動物性食品(牛乳を含む)にのみ含まれるビタミンB12は含まれていません。ビタミン強化シリアルのボウルに豆乳を注ぐことは、子供が適切な栄養素で一日を始めることを確実にするための良い方法です。

お子さんが牛乳にアレルギーがある場合は、豆乳にもアレルギーがある可能性が10〜14%あるため、お子さんが豆乳を扱っている場合、大豆が良い代替品になるとは限りません。牛乳アレルギー。

プレーン豆乳の味が気に入らない場合は、フレーバー豆乳を購入するか、独自のフレーバーを追加することができます。

ちなみに、豆乳の多くのブランドは、タンパク質に加えて、イソフラボンが含まれているという事実を強調しています。イソフラボンは、全粒穀物、ジャガイモ、乾燥豆、リンゴなどの植物に含まれるエストロゲン様ホルモンである植物エストロゲンです。乳児用調製粉乳で一般的に使用されている大豆タンパク質のイソフラボンが子供に悪影響を与えるという証拠はありません。


ビデオを見る: 日中プロテインだけで生活したら次の日体重が悲惨な事になったwww (六月 2022).


コメント:

  1. Torley

    興味深いバリアント

  2. Jacquelin

    理想的なバリアント

  3. Mac Asgaill

    メリークリスマスおめでとうございます、

  4. Jumi

    それは私が今話せないのは残念です - 私はとても忙しいです。しかし、私は戻ります - 私は間違いなく私が思うことを書きます。



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos