一般

公共のプールが幼児にとって安全ではないというのは本当ですか?

公共のプールが幼児にとって安全ではないというのは本当ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

いくつかの要因により、乳児の親がプールで一時停止する可能性があります。

最大の懸念は、小児科医で共著者のジェニファー・シュウ氏です。 新生児と一緒に家に帰る、は水の温度です。赤ちゃんは非常に簡単に風邪をひき、低体温症や無気力などの問題を発症する可能性があります。

頭のコントロールが不十分な幼児は、水を吸い込んで窒息、溺死、または少なくとも肺の炎症を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんが大量の水を飲み込むと、細菌が問題になる可能性があります。これは、他の赤ちゃんがプールにいて、そのうんちが水泳用おむつでうまく封じ込められていない場合に特に当てはまります。さらに、プール水中の塩素は、喘息発作と同様の呼吸障害だけでなく、皮膚の炎症や発疹を引き起こす可能性があります。

「赤ちゃんをプールに連れて行くのが安全になる正確な年齢はありません」とシュウは言います。ただし、大まかなガイドラインでは、6か月以上は、赤ちゃんを水泳に連れて行くよりも安全な時期です。」


ビデオを見る: IT宅建令和2年度建築基準法改訂版 (2月 2023).

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos