一般

妊娠中にうがい薬を使用しても安全ですか?

妊娠中にうがい薬を使用しても安全ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

市販のうがい薬は、あなたや赤ちゃんに害を及ぼす可能性はほとんどありません(あなたがそれを飲んでいない限り)。ただし、専門家は、妊娠中にうがい薬を使用することで誰が恩恵を受ける可能性があり、どの種類がさまざまな状況で効果的であるかについて、わずかに異なる見解を持っています。

American Academy of Pediatric Dentistry(AAPD)は、妊娠中の女性が毎日、フッ素化されたアルコールを含まないうがい薬を使用して、歯のエナメル質を強化し、虫歯を予防することを推奨しています。 AAPDは、0.05パーセントのフッ化ナトリウムリンスを1日1回、または0.02パーセントのフッ化ナトリウムリンスを1日2回使用することを提案しています。

これは、頻繁に嘔吐する場合に特に良い考えです。これは、歯のエナメル質を侵食する胃酸に歯を浸します。必要に応じて、嘔吐するたびにうがい薬で洗い流すことができます。あるいは、嘔吐後に小さじ1杯の重曹を含む一杯の水ですすぐこともエナメル質の酸蝕症を防ぐのに役立ちます。 (歯のエナメル質は酸によって弱くなり、練り歯磨きの研磨成分によって損傷する可能性があるため、嘔吐後少なくとも30分間は歯を磨かないでください。)

妊娠中の歯の健康のために、アメリカ歯科医師会(ADA)は、フッ化物歯磨き粉で1日2回ブラッシングし、1日1回デンタルフロスを使用することを推奨しています。歯垢のコントロールに問題がある場合は、歯科医がフッ素化リンスではなく抗菌性または抗菌性のうがい薬の使用を推奨する可能性があると言われています。 (一部の歯科医は、朝は抗菌リンス、夜はフッ化物リンスを使用することを提案しています。)

重度の歯周病がある場合、一部の歯科医は抗菌性クロルヘキシジンを含むリンスを処方します。この製品は一般的に深刻な場合にのみ使用され、歯を汚す傾向があるため、毎日または長期間の使用にはお勧めしません。

フッ化物添加と抗菌の両方のリンスは、大量のアルコールを含んでいるため、お勧めできません。うがい薬に含まれるアルコールが赤ちゃんに届く可能性は低いですが、飲み込むのではなく吐き出すため、専門家は依然として注意を払っています。アルコールは歯茎を刺激する傾向があり、有益な効果はありません。

最後のヒント:

  • すすぎは、吐き出す前に口の周りで約30秒間振り回すと最も効果的です。
  • 夜にうがい薬を使用する場合は、就寝前に最後に歯に触れるものにしてください。
  • 他の時間にリンスを使用する場合は、ブラシをかけたり、デンタルフロスをしたり、食べたり、飲んだり、その後少なくとも30分は水でリンスしたりしないでください。製品の効果が低下する可能性があります。

すすぎを使用することで利益が得られるかどうかを歯科医に尋ね、そうであれば、状況に応じて特定の製品を推奨してください。


ビデオを見る: 医療動画 ケアネットDVDDr 水谷の妊娠授乳中の処方コンサルトサンプル動画 (六月 2022).


コメント:

  1. Rajab

    Bravo, your thinking is simply excellent

  2. Atemu

    私を信じてください。

  3. Veto

    そして、どの都市で、どの国で?とてもクリエイティブ!!!!!))))))

  4. Tojarg

    出てこない!

  5. Mac Ghille-Dhuinn

    面白い



メッセージを書く

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos