妊娠

妊娠中の入れ墨と永久化粧のリスク

妊娠中の入れ墨と永久化粧のリスク


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

妊娠中の身体のこれらの生理学的変化;皮膚の色の変化(一部の領域での皮膚の色の暗化)、過度の発汗、皮膚の脂肪放出および潤滑の増加、特に腹部および胸部の亀裂、静脈瘤/浮腫、静脈瘤/浮腫などの血管の変化における毛髪構造および発毛の増加

出血、湿疹、真菌および感染症を起こしやすい皮膚のこれらの変化のために、アレルギー反応を受けやすいため、皮膚に施されるアプリケーションに非常に注意する必要があります。妊娠は精神的および肉体的な意味で非常に敏感な時期であり、近年、タトゥーやパーマネントメイクが強い関心と広がりのある妊婦に適しているかどうかの問題が浮上しています。この問題は、一時的、恒久的な入れ墨および恒久的なメイクアップ(微小色素沈着)アプリケーションの観点から対処する必要があります。永久鍛造; それは、特殊な技術によって皮膚によって下の皮膚層に完全に破壊されない染料の処理によって形成されます。下の皮膚に到達するために使用される機械のおかげで、針装置が高速で出入りする小さな穴と隙間が身体に開けられます。これらの穴とスリットは、染色機で機械ごとに注入されます。すすは一般に染料として使用されます。また、インディゴ、アンチモンパウダー、ローストボーンパウダー、さまざまな植物抽出物、サフラン、ヘナにも使用できます。針のストロークが行われた場所から少量の血液が出て、血液媒介疾患の土台を整えます。 B型およびC型肝炎、エイズ、ヘルペス、破傷風などがその一部です。このリスクは、妊婦だけでなくすべての人に存在します。しかし、妊娠ホルモンの増加に起因する妊娠中の女性のいくつかの全身的変化があり、いくつかの合併症がより頻繁に見られる可能性があります。特に、痛みや出血、皮膚の局所感染、使用した色素に対するアレルギー反応がより一般的です。サルコイド、ケロイド、乾癬、光過敏症、さらには良性または悪性の腫瘍形成などのさまざまな皮膚疾患は、刺青のある場所ではほとんど発生しない場合があります。また、一部の色素は子宮内で遺伝的変異や先天異常を引き起こす可能性があることも知られています。このため、妊娠中の永久的な入れ墨は推奨されません。一時的な入れ墨(henna-henna) ただし、使用するヘナの種類によっては、健康上の問題が発生する場合があります。特に、妊娠中の黒ヘナの使用は危険で不便です。パラ-フェニレンジアミン(PPD)物質の含有量は、妊娠中の女性に深刻な永久皮膚反応とアレルギーを引き起こす可能性があります。ヘナは妊娠中に赤ちゃんに催奇形性効果を及ぼさないことが知られていますが、それでも慎重に使用することをお勧めします。恒久的な化粧(微小色素沈着); 表皮の下の植物や土壌から得られた完全な抗アレルギー色素の適用に基づいて、適用中に出血しないように注意して、局所麻酔で適用できる痛みのない医療用途です。医療機関でのみ使用できます。このプロセスは、鍛造のプロセスに似ています。したがって、特に無菌条件下で適切かつ信頼できる施設で適用されない場合、感染や皮膚反応などの同様のリスクを伴います。使用される染料は健康に有害ではないことが知られていますが、皮膚から吸収された塗料はアレルギーから中毒までさまざまな合併症を引き起こす可能性があることを覚えておく必要があります。このリスクは妊娠中に決して取るべきではありません…また、妊娠中のいくつかの心理的変化のために、そのような永続的な決定を下すことは適切でないと言えます。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos