健康

未熟児のための特別なケアガイド

未熟児のための特別なケアガイド


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イェディテペ大学病院小児健康および疾病専門家協会博士Filiz Bakarによると、防衛システムを開発せずに生まれた未熟児は、最初の6か月間は非常に注意深いケアが必要です。

早産とはどういう意味ですか?

正常な妊娠は38〜42週間以内に定義されます。 37週目以降に生まれた赤ちゃんは未熟児であり、特別な注意が必要です。 32週間未満で特に進行 未熟児 彼らは主な問題のあるグループを形成しています。現在、生殖補助医療の増加に伴い、多胎出産と未熟児の数が増加しています。

未熟児の最初のケアはどのようにすべきですか?

赤ちゃんは、子宮内の無菌で、騒がしく、暗く、安全な環境の安定した環境に住んでいます。誕生イベントでは、赤ちゃんの体温は非常に異なる、非無菌、騒々しい、非常に明るく安全でない環境になります。 時間通りに生まれた赤ちゃん 安全で暖かい環境を提供するために、乾燥した、服を着て、母親の胸に与えられます。 赤ちゃん この新しい環境にできるだけ早く適応してください。しかし、未熟児は、生まれるとすぐにいくつかの介入にさらされるため、母親の安全な環境から排除する必要があります。時期尚早の配信システムの一部は十分に開発されていないため、新しい環境への適応が困難です。これらの赤ちゃんは、母親の子宮に似た保育器で管理されます。インキュベーターは赤ちゃんにとって理想的な温度に加熱され、熱損失を防ぐために望ましいレベルの水分が提供されます。赤ちゃんを外部環境から隔離し、特別なフィルターに空気を通すことにより、より無菌の環境が提供されます。インキュベーターでは、赤ちゃんが必要とする酸素量が与えられます。騒音を最小限に抑えるため、赤ちゃんには隔離された環境が提供されます。必要に応じて、インキュベーターを覆うことにより暗い環境が提供されます。そう 赤ちゃん 回復するまで母親の子宮に似ているこの環境では、赤ちゃんを傷つけるような方法ですべてのケアと治療が提供されます。

集中治療室に滞在している間、これらの乳児は呼吸器の問題、呼吸停止、保温の問題、感染症、栄養の問題、低血糖、黄und、脳出血、貧血、腸壊pre、および早発性網膜症と呼ばれる失明を起こすことがあります。これらの問題の治療が行われます。集中治療室に長時間滞在し、これらの問題をうまく克服し、吸引で栄養補給でき、呼吸補助が不要な乳児は退院します。未熟児を退院させて帰宅させても、問題がすべて終わったわけではありません。家を出た後も注意が必要です。赤ちゃんは集中治療室にとどまり、抵抗因子が不足しているため、特別な注意が必要です。抵抗因子は、妊娠の最後の月に母親から赤ちゃんに渡されます。しかし、これらの赤ちゃんは未熟児なので、抵抗因子は不完全なままであり、感染に対してより脆弱です。したがって、これらの赤ちゃんに触れるときは、手洗いが最も重要です。これらの赤ちゃんは、非常に混雑した環境に置かないでください。それまでの間、赤ちゃんを保護しながら無理をしないでください。また、常に家で赤ちゃんを閉じたままにしないことをお勧めします。特に重要なのは、彼らが穏やかな気候で新鮮な空気にさらされ、日光を受けることです。

未熟児のために考慮される期間は何ですか?

未熟児は通常、34-35週齢で退院します。未熟児では、呼吸停止は無呼吸と呼ばれる場合があります。これは、呼吸中枢が40〜45週間まで発達を完了できないためです。したがって、無呼吸のベッドは危険な赤ちゃんの自宅で推奨されます。乳児は通常、平均6〜7ヶ月で自分の防御因子を発達させ始めます。感染症に関しては、最初の6〜7か月、または最初の1年でも特別な注意が必要です。

未熟児にはどのように食事を与えるべきですか?

退院後の未熟児の早期かつ正しい栄養サポートは、長期的な正常な成長と発達にとって決定的です。理想的な食べ物 母乳。母乳で十分な場合は、これらの赤ちゃんに母乳を与えることをお勧めします。ただし、未熟児にはより多くの栄養要件があるため、必要に応じて、母乳ブースターで母乳をサポートします。母乳が十分でない場合、未熟児には特別な処方を使用します。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos