赤ちゃんの発達

子供に対する色の影響

子供に対する色の影響


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

子供 4〜5歳になると、色を認識し始めます。 塗装 色を決めずに美しい絵や絵を作ります。これらの年齢の後、彼らはより意識的に色を使い始めます。学校の前に子供が使用する色は、現実とは関係ありません。赤い男は緑の太陽、青い犬を描くことができます。好きな色を使って、愛する人の絵を描くことがよくあります。そして、子供たちは両親に使用する色と絵で心理的なメッセージを伝えます。 Reem Neuropsychiatry Center Exp。博士メフメット・ヤヴズは、このテーマに関する彼の見解を共有しています。子どもたち 彼らは男の子よりも色の選択を重視しています。一部の子供; 赤、 オレンジ、黄色、その他は青や緑などのクールな色を選択できます。暖色を選択する子供はより穏やかで、思いやりと調和があり、冷色を選択する子供は落ち着きがなく、頑固で、不機嫌で攻撃的な態度を持つことが観察されています。 。子供たちが絵で使う色と感情的な反応の間には関係があります。好きな写真を作るときは暖色系を使用し、不要なときは寒色系を使用していることがわかります。特に悪いキャラクターを描くとき、​​彼らは主に黒い色を使用します。色は感情的な発達だけでなく、身体的な発達にとっても重要です。赤: 写真での赤の激しい使用。それは、エネルギー、憎悪、暴力、激しさ、または病気の反映である可能性があります。ピンク: 赤よりも効果が低くなります。それは冷静さと幸福を表しています。オレンジ: 心配な口調です。そして、この色を使用する子供たちは、主に多動性の発達をする傾向があります。黄色: この色の主な使用は、あなたの子供が元気で、平和で、愛するものに依存していることを表しています。青: それは信頼感を表しています。落ち着いた雰囲気の子どもたちは、この色を絵画でより集中的に使用します。彼らは感情をコントロールするのに困難はありません。グリーン:絵画でこの色を使用している子供は、自信があり、仲間よりも成熟しており、感情を制御できると言えます。紫: 責任感があり、自分よりも他人に支配される傾向がある穏やかなキャラクターを表しています。子供の性別による色の決定 とても古いです。いくつかの研究によると。女の子は男の子(青、緑、グレー、黒)よりも暖かい(赤、ピンク、マゼンタ、オレンジ)色を好み、生来の素因があることが知られています。 彼らは人生のあらゆる面で彼らを見るのを楽しんでいます。このため、おもちゃを購入するときは、一緒に服を選び、色をつけておくことが重要です。 部屋の色 赤ちゃんが最初に生まれたとき、あなたは穏やかな気持ちを与えるために行うことができます。赤ちゃんはほとんどの時間を睡眠と母親の胸に費やすので、部屋で使用される色は、赤ちゃんと母親の両方に安らぎを与えるように選択する必要があります。赤はできるだけ早く簡単に知覚できるため、最も好む色です。装飾品ではありませんが、おもちゃを選ぶときは明るく透明な色を選ぶことができます*服を選ぶとき、絵を描くとき、​​またはおもちゃを買うとき、子供と同じ選択をすることはできません。 *両親として選択するさまざまな色、家の手配で使用する色、および自分の服で好む色も、子供の好みに影響します。そもそも子供の色が多ければ多いほど、子供が自分で選択するのが楽しくなります。


Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos