カテゴリ 栄養

産後の母親のための毎日の食事の推奨事項
栄養

産後の母親のための毎日の食事の推奨事項

カロリー:エネルギーと牛乳の生産量を維持するのに十分な量が必要です。母乳で育てる場合、妊娠前に赤ちゃんに母乳を与えるために400-500カロリーを追加する必要があります。体重が減っていないようであれば、この量をもう少し減らすことができます。

続きを読みます

栄養

あなたの子供は拒食症ですか?

あなたの子供の食欲不振を心配し、無力感を感じていますか?今パニックにならないでください! Hacettepe University School of Health Technologyディレクター、栄養栄養学科長。博士TürkanKutluay Merdolは、拒食症の子供の管理で何をする必要があるかを説明し、拒食症の子供を扱う母親に光を当てます。
続きを読みます
栄養

子供の鉄欠乏は食欲不振を引き起こします

あなたは新しい赤ん坊を世界に連れてきました。あなたのために、あなたは震えています。そして、少し泣きすぎたら、あなたは心配します、「彼女はとても病気なのだろうか」。これらは、実際には幼児期の一般的な問題です。ただし、一部の症状は注意深く監視する必要があります。赤ちゃんの鉄欠乏に関しては、いくつかの問題は正常に思えます。
続きを読みます
栄養

子供を持ちたい人はよく食べるべきです!

喫煙、カフェインの過剰摂取などのような他の有害な習慣が生殖システムにダメージを与えていることは知られている事実です。ユーロフェルティルリプロダクティブヘルスセンターメディカルディレクターHakanÖzörnek、「私たちが食べるもの、どんな種類の食習慣、そしてどんなに有害な習慣であっても、いつの日か子供を産むことを妨げるかもしれません。
続きを読みます
栄養

ヨウ素欠乏は何を引き起こしますか?

ヨウ素は、通常の成長と発達の過程で外部から摂取する必要があり、その欠乏症で脳の損傷と精神遅滞を引き起こす可能性があります。ヨウ素欠乏症もあります。それは、難聴、小人症、甲状腺腫および甲状腺機能低下症、学齢期の子供の発達遅延、学校の失敗、理解と学習の困難、成人の甲状腺腫、甲状腺機能低下症、精神的問題および衰弱、ならびに妊婦の低、死産、先天性異常およびグアトラを引き起こします。
続きを読みます
栄養

妊娠中の牛乳と乳製品の使用

特に、妊娠中の母親と発達中の赤ちゃんにとって非常に重要な牛乳と乳製品に必要な衛生規則が守られていない場合、深刻な病気が発生する可能性があります。それらの1つはブルセラです。妊娠中、ブルセラ症は流産や早産を引き起こし、赤ちゃんに異常を引き起こす可能性があります。
続きを読みます
栄養

野菜を食べて愛する子供たちへのアドバイス!

内科スペシャリストAyçaKayaは次のように語っています。食べ物について子供と良いゴシップを作りましょう。たとえば、あなたの子供はほうれん草が好きではありません。直接子供と話をするのではなく、ほうれん草がどれほどおいしいか、どのように機能するかについてパートナーに話し、彼を励ます。ほうれん草は必須ではありません!子供が嫌いだと知っている野菜を食べたり、子供と一緒に固執したりしないでください。
続きを読みます
栄養

"Jellybean"

スライド、朝食、回復の時間を過ごしている間、私はすぐに準備をしましたが、時間が10 u過ぎました。このツアーは私の好みに応じて少し行きます。父は、私がいないときは午前8時にペダルが回ると言っています。彼らは朝に目を覚ます余裕がない。それが彼らが暑さの中を運転しなければならない理由です。実際、父は私が正午に寝ていた時に小さなキャンディーを作ったと言っています。
続きを読みます
栄養

産後の母親のための毎日の食事の推奨事項

カロリー:エネルギーと牛乳の生産量を維持するのに十分な量が必要です。母乳で育てる場合、妊娠前に赤ちゃんに母乳を与えるために400-500カロリーを追加する必要があります。体重が減っていないようであれば、この量をもう少し減らすことができます。
続きを読みます
栄養

穀物食品と乳児栄養におけるその利点

乳児では、最初の6か月間は母乳のみをお勧めしますが、医学的必要性のためにフォーミュラ(処方)の補充を開始するか、食欲が非常に強い乳児は6か月後に補助食品に切り替えることができます。嚥下機能は、赤ちゃんが4か月前に固形食品を摂取するには不十分です。
続きを読みます
栄養

ビタミンD欠乏症を防ぐ5つの方法

調査によると、低レベルのビタミンDは骨吸収のリスクを300%増加させるだけでなく、原因不明の骨痛を引き起こすことも示しています。研究によると、腰痛ビタミンD欠乏症に苦しむ人々の80パーセントが観察されています。ビタミンD欠乏によるがんの発生について、世界中でさまざまな研究が行われていると断言します。
続きを読みます
栄養

子供の食欲不振を防ぐ方法

母親にとって最も不安で憂慮すべき問題の1つは、子供たちが食べないことです。私が子供を養うことができないオルムの考えで彼らがやろうとしていることに驚いて、彼らは飢えています。正しいトランクの多くの誤解は、子供たちに食べ物を拷問するか、自分自身に大きな脅威をもたらします。
続きを読みます
栄養

オーガニックはHiPP!

母乳を摂取できない、または部分的に母乳を摂取できない乳児には、医療専門家の監督の下で母乳をモデルにした精巧な調製乳が必要です。したがって、式の内容は法律で明確に定義されています。 HiPPで可能な限り最も自然な製品を使用することが重要であり、高品質のタンパク質とカルシウムの供給源であるオーガニック牛乳は、厳密に制御されて、オーガニックミルクフォーミュラの基本製品として使用されます。
続きを読みます
栄養

楽しませて赤ちゃんを養う

彼にスナックを与えてください! *摂食闘争を防ぐ主な方法は、子供にできるだけ早く食べるように教えることです。子供が生後6〜8ヶ月になったら、食べられるものを与えます。彼は12ヶ月の年齢からスプーンの使用を開始し、約18ヶ月で自分の食べ物を食べることができるはずです。
続きを読みます
栄養

赤ちゃんをボトルからいつ切りますか?

赤ちゃんをボトルからいつ切りますか?遅かれ早かれ、赤ちゃんは自分の卒業の準備が整うでしょう。瓶からベビーグラスまで何も起こりません!その特別な瞬間が来ると、彼はあなたの赤ちゃんのベビーベッドに行き、誇らしげにそれを持ち上げて、「あなたの哺乳瓶の日は終わった、赤ちゃんに!」さあ、お祝いしましょう」…あなたの子供は少し気分が悪くなるかもしれませんが、赤ちゃんのグラスをつかんで飲み始め、決して振り返ることはありません!
続きを読みます
栄養

妊娠中のビタミンD摂取と妊娠糖

妊娠糖尿病と言うことができるためには、妊娠中に糖尿病の症状が現れたに違いありません。妊娠中のステロイドホルモンは、血糖値を下げるインスリンホルモンに対する耐性を発達させます。このため、すべての妊娠中の女性は、妊娠24〜28週間に砂糖のスクリーニングを受ける必要があります。妊娠糖尿病の発症の既知の危険因子は、妊娠中の母親の過体重であり、以前に糖尿病の既往があり、以前に過体重の赤ちゃんを出産したことがあり、死亡した赤ちゃんを出産したことがあります。
続きを読みます
栄養

働く母親候補者の栄養

働く妊婦は、適切でバランスの取れた栄養を確保するために懸命に努力すべきです。目的は、赤ちゃんの正常な成長と発達を確保するだけでなく、赤ちゃんの健康を守ることでもあります。妊娠中の母親が十分な栄養を得られない場合、彼女は不十分な食物群を得ます。 -貧血-虫歯-骨の軟化、タンパク質摂取の変形による体の過度の変形が見られます。
続きを読みます
栄養

子供の免疫システムを強化するための推奨事項

冬の間は、太りすぎを防ぎ、免疫システムを維持するために、メモリアルサービス病院の栄養およびダイエット部門の強力なDytを考慮する必要があります。 AysuAydınは私達に言った。野菜の1日5食は栄養の規則に従います栄養スタイルは四つ葉のクローバーとみなされるべきです。
続きを読みます
栄養

妊娠中の栄養リスト

妊娠栄養リスト:I学期-妊娠の最初の学期にどのように食事をしますか?エネルギーの日々の必要性は個々に変化しますが、妊娠中に増加するはずです。しかし、それは二人のための無制限の食事や夕食を意味するものではありません。このニーズを満たすには、妊娠初期に1日あたり100カロリーの増加で十分です。
続きを読みます
栄養

子供たちが食べるための提案

多くの親が不満を言う子供の食物問題は、徐々に子供が親に対して使用する武器になります。家族は食事に敏感であることを知っているので、子供は食べ物を約束してすべての願いを叶えることができます。メモリアルアタシェヒル病院小児科ウズ。
続きを読みます

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos